PDFのAdobeジャパニーズ(日本語)は、とてもわかりにくい

●ページサイズ:MediaBox
[補足]PDFのドキュメントサイズ。

●トリミングサイズ:CropBox
【説明】表示または印刷したときのページコンテンツの境界線を定義します。

●アートサイズ:ArtBox
【説明】空白を含む、ページ内のオブジェクトなどのコンテンツを定義します。

●仕上りサイズ:TrimBox
【説明】ページの最終寸法を定義します。

●裁ち落としサイズ:BleedBox
【説明】ページをプリプレス印刷するときの、紙の裁断や折りのための裁ち落とし領域を定義します。裁ち落とし領域の外にトンボが表示されることもあります。
[モリオ補足]通常の印刷用PDFは、ページサイズ>=トリミングサイズ>裁ち落としサイズ>仕上りサイズ(裁ち落としサイズ=仕上りサイズの天地左右に+3mm)でしょうか。

●縦横の比率を固定:Constrain Proportions
【説明】トリミングの縦横比をロックして、すべての余白が同じサイズになるようにします。
[補足]トリミング値を均等に入力する際のチェック。仕上りサイズ等の縦横比率を固定するものではないので注意。まあ使えばわかる。

(【説明】は http://help.adobe.com/ja_JP/acrobat/using/WS546948FF-6085-4b14-8640-D9EDE30AD8CB.w.html より)

ここら辺はコントロールしてもPDFがぶっ壊れる事はほとんど無いので、PDFを貼付けたりする前にちょこっと手を入れると取り回しが良くなったりします。
Acrobatと仲良くなると、いい事あるよ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

モリオ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。