RGBtoCMYKを色々やってみる

プリプレス・製版におけるRGBtoCMYKの処理は、大まかに分類して下記の3カ所に集約できそうという考えでとりあえずテストテスト。
 ①ネイティブファイル時点でRGBtoCMYK
 ②PDF上でRGBtoCMYK
 ③RIP上でRGBtoCMYK

思いつきで組み立ててるので穴があったらご指摘ください。

以下手順。
01 IllustratorでRGB素材作成。
02 Illustratorから.psd書き出し。
03 Photoshopで開き、RGBtoCMYK(プロファイル変換)を行う。変換方式はAdobe(ACE)。

04 変換前RGBままの.psdを二個、変換後CMYKの.psdを一個、Illustrator新規ドキュメントに貼り込み。
05 IllustratorからPDF/X4書き出し。RGBはイキ。
06 書き出したPDFをAcrobatで展開、Pitstopを使用しRGBの内一つをRGBtoCMYK処理。PDFを更新。変換方式はAdobe CMMを使用できず、Little CMSを選択。

07 PDFをRIP処理。RIPにてRGBtoCMYKの自動変換指定を事前に設定。変換方式は確認中。


という手順で、一枚のドキュメント上に3カ所でCMYK化した画像の入ったものを作成。

変換方式の差によると思われる、誤差が見られる。この辺を許容するのかも含めて、運用に落とし込めるのか検討が必要かと。

検証データ一式をアップしました。結果のtiffも入れてあります。
ご興味お有りでしたら、拾ってってください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

モリオ

主戦場はTwitterでござる。https://twitter.com/moriwaty

DTP・印刷関連

DTP・印刷関連
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。