「コーチングを売ってはいけない!」

コーチングは売っても売れません。

お客さまが欲しいのは、

あなたのコーチングなんかではなく

「今の悩みを解決した先の未来」

なので、

一緒に未来を描き一緒に実現していきたい

と感じれば、自然にコーチングを受ける流れになります。

コーチングを学ぶきっかけとして多いのが、

仕事や生活で悩むことがあり、たまたま出会ったコーチング、

受けてみて悩みがクリアされてスッキリ、

大人になってから初めてという位、「自分らしさ」というものに触れ、

これまで周りを気にして合わせて抑えてきたけど、

「自分らしくあっていいんだ!」と承認して生きる。

そして仕事や生活面も少しずつうまくいくようになり、自分でもコーチングというものを学んでみたいと思い、コーチングスクールへお金と時間を投入して通うようになる。

学ぶ過程で、知人へコーチングをやってみて手応えを得る。

そして、一通りの技術を学んだが、まだお金をもらってやっていく自信はないので、「資格を取ればプロコーチになれる!」と期待を胸に資格コースなるものへ行く。そうして自分を変えまくり、コーチングの技術をどんどん身に付けていく。

というのが、コーチができるまでのよくある流れですが、

その後必ずと行っていいほどぶつかるのが、

セールス

です。(別にコーチングに限った話ではないですが)

知り合いも含め、ものすごく多くのコーチの方が、

どうしたらコーチングを受けてもらえるか?

に悩んでいます。

そういう僕もそうでした。

とにかくコーチングが楽しいのでどんどんやりたい!
と思い、クライアントを見つけるのですが、
1セッション90分、2万円でも抵抗がある。
うーん、練習中のワンコインでやってた時は気楽だったのになーと。

何事もそうですが、
アマチュアからプロになるときに、超えるべき壁がここです。

とにかくコーチングがしたいからといって、数千円でやりまくるというのは、アマの見習い中ならいいのですが、相手の人生に劇的な変化を創るプロであるなら、安売りしてはいけません。

ではどうやってセールスするといいのか?
コーチングを受けてもらう気になってもらうのか?

コーチングによって救われたり、コーチングが大好きな人は、

「とにかく受けてみて」

といって、コーチングを受けてもらうことを強くススメてきます。

が、それではうまく行きにくいです。

なぜかというと、

コーチングを知っている・受けたことがある人からすると、コーチングの素晴らしさ・凄さを知っているので、その目線から伝えてしまうのですが、

そうじゃない人との認識ギャップが激しくなります。

セールスの世界ではどこでも言われていることですが、
あなたがいかにコーチングが素晴らしいものと認識していようと、
相手にはわからないものなのです。

なので、

・相手の悩みを聴く
・解決された未来をイメージして体感してもらう

ことをコーチが確信もって関わることができれば、
「未来を実現するパートナー」として、
自然にコーチングを受ける流れになっていくでしょう!

そして、本番はここからです。
誰よりもクライアントの未来に確信を持って、実現していきましょう!!


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたの人生のお役に立ちますように!
1

茂木 健太 [Co-Creations] / 経営メン...

面倒な経営陣の対立・冷戦・停滞・派閥・忖度の解消/「裸の王様社長」「腫れ物幹部」の心の再生 /野村総研「10年経ってSEが向いてないと知る」→「コーチングで蘇る」→Ideal Leaders共同創業→Co-Creations(株)代表 / ダンス・筋トレ・ヨガ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。