AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(4)

AfterEffectsユーザー向けの講座の第4弾。今回はレイヤープロパティとトランスフォームの操作です。

After EffectsとFusionはレイヤーとノードの違いがあります。配置の仕方だけで無くアプリケーションの設計思想も異なります。

トランスフォームを例に見ていきましょう。

マガジンはこちら。noteが追加される毎に値段が上がるので早期の購読がお得です。マガジンを購読すると、後から追加されたnoteも読めます。

定期購読も始めました。

レイヤーのプロパティ

AfterEffectsの各レイヤーにはプロパティがあり、各パラメータはアニメートできます。

「トランスフォーム(Transform)」プロパティグループがあり、その中には…。

「アンカーポイント(Anchor Point)」

「位置(Position)」

「スケール(Scale)」

「回転(Rotation)」

「不透明度(Opacity)」

があります。

マスクやエフェクトを追加するとプロパティが追加され「エフェクトプロパティ」「エフェクトコントロールパネル」で調整します。

Fusionではノードを選択すると「インスペクタ」が表示され、ノード毎に調整します。

レイヤーパネルの操作

AfterEffects

AfterEffectsはレイヤー毎にプロパティがあり、これらの表示を切り替えて作業します。

特にレイヤーが重なると、レイヤーパネルの表示項目が多くなり、選択した項目のみ表示する必要が出てきます。

レイヤーの左側の三角形をクリックして「プロパティ」を表示します。

Ctrl/Command キーを押しながらクリックすると、そのレイヤーにあるすべてのプロパティグループを開きます。

Ctrl/Command + @(アットマーク)で、選択したレイヤーのすべてのプロパティグループを開閉します。

注:英語キーボードでは@の代わりに`(アクサングラーブ)を使用します。

Alt/Option + Shift を押しながらプロパティやグループ名をクリックするとその項目のみを隠します。

DaVinci Resolve (Fusion)

Fusionではノードを選択すると自動的に「インスペクタ」にパラメータが表示されます。

ノードをCtrl/Commandキーを使って複数選択したり、ドラッグして囲むと複数のパラメータがインスペクタに一度に表示されます。

インスペクタのノード名の部分をダブルクリックすると、折りたたむことができます。

プロパティの表示選択

AfterEffects

AfterEffectsではショートカットキーで特定のプロパティのみを表示できます。

多くのレイヤーが重なりレイヤーパネルが複雑になると、特定のパラメータのみを表示してキーフレームを変更したり、コピーペーストや親子付けするケースが増えてきます。

以下は主なショートカットの一覧です。

特に「位置 :P」「スケール:S」「回転:R」「不透明度:T」「マスクパス:M」「エフェクト:E」などを多用します。

「アンカーポイント」のみ(ライトとカメラは「目標点」)
A

「マテリアルオプション」グループのみ
AA

「位置」のみ
P

ペイント、ロトブラシ、パペットピンのみ
PP

「スケール」のみ
S

選択したプロパティとグループのみを表示
SS

「回転」と「方向」のみ
R

「タイムリマップ」のみ
RR

「不透明度」のみ(ライトは「強度」のみ )
T

「マスク不透明度」のみ
TT

「マスクパス」のみ
M

「マスク」グループのみ
MM

「マスクの境界線のぼかし」のみ
F

不明なエフェクトのインスタンス のみ
FF

「エフェクト」グループのみ
E

エクスプレッションのみ
EE

キーフレームのあるプロパティを表示
U

変更されたプロパティのみ
UU

「オーディオレベル」のみ
L

オーディオウェーブフォームのみ
LL

DaVinci Resolve (Fusion)

Fusionでは、プロパティの表示にコマンドを使う必要はありません。単純に必要なノードを接続して調整するノードを選択するだけです。

この続きをみるには

この続き:4,140文字/画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンに記事が追加されるごとに値段がアップします。早期の購入がお買い得です。

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fus...

または、記事単体で購入する

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(4)

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
5

motionworks

AEユーザーのためのDaVinci Resolve講座

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fusion)に置き換えていきます。AEの操作も併記しているので1粒で2度美味しい感じです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。