DaVinci Resolve 16 ティザー公開 「編集の革命」NAB2019で発表!

つい先ほどDaVinci Resolv 15.3.1がアップデートされたばかり。

DaVinci Resolve 15.3.1のアップデートはBlackmagic RAW SDK 1.3のサポートと一般的なパフォーマンスと安定性の向上です。

15.3のマニュアル(英語)が公開されています。

DaVinci Resolve 16がNABで発表!

毎年NABではDaVinci Resolveの新バージョンが発表されます。すぐにリリースという訳ではなく当日にベータ版が公開。

約半年の間に、NABで発表され未実施だった新機能が追加されたり、ユーザーのレスポンスを受けた改善やバグフィックスが行われ、夏の終わり頃に正式版がリリースされます。

Blackmagicの製品は毎年完全にシークレット。殆どの場合は展示会場で発表され、当日までは一般ユーザーは知ることができません。

稀にバナーで知ることも…。

まるで昔のAppleの製品のようです。(最近は事前にリークされますが…)

そんなBlackmagicが公式で事前にDaVinci Resolve 16をアナウンス!かなり気合が入っている気がします。

DaVinci Resolveが使われた映画のポスターをバックに…

「The revolution in editing starts at 9AM PDT on April 8th 2019.」

の文字。

これらの作品全てにDaVinci Resolveは使われていますがほとんどはデイリーやグレーディング。

映画の編集ではAVID MediaComposerが大きなシェアを得ています。

DaVinci Resolveはすでにかなり充実した編集機能を持っています。そんな中「編集の革命」。よほど自信があるのかもしれません。

AVID MediaComposerが映画の編集で支持されている理由は、編集者が使い慣れたツールであることとメタデータとショットの管理能力だったりします。

実際、MediaComposerは余分な機能を削ぎ落とし編集に集中することができます。逆にResolveは多機能で、入力から合成やオーディオミックスまでできるオールインワンのアプリです。

Blackmagicのフォーラムでは15のベータ時から16のリクエストのスレッドが立っていました。現在その投稿数は1000近く。このうち幾つが実装されるのか気になります。

一方MediaComposerもユーザーのニーズを受け入れ毎年機能をアップ。特に近年では高解像度、カラーマネジメント、VFXツールやProToolsとの親和性に力を注いでいます。

「編集の革命」で何が変わるのか楽しみです。

日本時間の4/9 午前1:00に発表されます。


DaVinci Resolve 16の情報などはマガジンで随時アップしていきます。


いかがでしたか?

スキやサポートシェアして頂けると嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
6

motionworks

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。