DaVinci Resolve 15 Text+でタイトルアニメーション(7)

この章ではText+で「モディファイア」を使って特殊なモーションを作成します。

インデックス(目次)

noteのこの記事は有料設定です。購読やサポートして頂けると嬉しいです。

マガジンでまとめて読めます。

Fusionページの使い方はこちらをご覧ください。

モディファイアって何?

インスペクタのツールにあるラベルを右クリックして「パブリッシュ」(Publish)などで機能を追加すると「モディファイア」(Modifiers)タブが現れます。

現在エディットページから「モディファイア」にはアクセスできません。

これは、機能にアクセスするための追加のインターフェースです。特定の機能というよりも、データを接続するための追加のUIが「モディファイア」に現れると考えた方が理解しやすいです。

After Effectsの「ウィグル」のような効果を足したり、キーフレームアニメーションやパラメータを抜き出して他のデータに接続するために利用することができます。

モディファイアの使い方

例えば、ツールの「センター(X,Y)」「パブリッシュ」(Publish)すると、モディファイアパネルにその項目が抽出されて表示されます。

元の「センター(X,Y)」とリンクして、片方を操作するともう一方にも反映されます。

この続きをみるには

この続き:4,132文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
単品で購入するよりもお得です。後半になるにつれ内容が増えるので、マガジンで購入すると、いつでも読むことができます。

DaVinci Resolve 15 Text+を使用したアニメーションを解説しています。基本的な編集とDaVinci Resolve...

または、記事単体で購入する

DaVinci Resolve 15 Text+でタイトルアニメーション(7)

motionworks

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
10

motionworks

DaVinci Resolve Text+ アニメーション

DaVinci Resolve 15 Text+を使用したアニメーションを解説しています。基本的な編集とDaVinci Resolve 15 のFusionページの解説です。チュートリアル形式なので通して読むことをオススメします。 #davinciresolve
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。