DaVinci Resolve Fairlight ページ

Fairlight ページはサウンドをミックスする場所です。

単純にビデオに付属したオーディオやトラックに配置した音楽はクリップのボリュームで調整できますが、それらをミックスしたり、効果音(SE)の追加やアフレコ、オーディオエフェクトやトラックを使ったEQやパン、ダイナミクスなどはFairlight ページを使って作業します。

全てのバランスを整えて、最終的な出力のためのミックスを作る場所です。

マガジンを購読すると、Motionworks.JPのパスワード保護されたページにアクセスできます。



ビデオ機能

DaVinci Resolveは元々ビデオを扱うためのアプリケーションのため、映像と同期した音声を扱うことができます。ビデオアプリケーションに切り替える必要なく、タブで移動するだけでエディットに戻ることができます。

エディットページと同じようなキーコマンドでオーディオの再生操作ができます。

オーディオトラック

オーディオに特化したページのため、画面全体にオーディオトラックが表示されるように設計されています。他のページと異なり、再生ヘッドを固定したまま再生できます。

トラックには複数のチャンネルを含むことができ、マルチチャンネルのトラックを一度に操作できます。

ミキサー

トラックはミキサーで調整します。ミキサーはトラックごとに表示され、バスやAUXを複数追加できます。EQ、ダイナミクス、パンなどを調整できます。

オートメーションが可能です。

メディアプール

メディアプールの基本的な機能自体は他のページと同じですが、オーディオ専用のプレビュープレイヤーがあります。

サウンドライブラリ

サウンドライブラリにSEを登録しておくと、検索してすぐにタイムラインに挿入できます。

エフェクトライブラリ

エフェクトライブラリにあるプリインストールされたFairlightFXはよく使われるエフェクトが搭載されています。さらにサードパーティのVSTやVSTiのプラグインもサポートされ、クリップだけでなくトラックにドラッグして使えます。

インスペクタ

他のページと同じく、選択したクリップやトラックの調整可能な項目が自動的に表示されます。エフェクトはインスペクターから追加のインターフェースを起動して、独自のUIで操作できます。

ADR

ADRはアフレコ用の特別なインターフェースです。リストでセリフを登録し、画面にカウントダウンを表示して複数のテイクを1つのトラックに複数録音できます。その場で再生してOKテイクをすぐに選ぶことができます。

メーター

ミキサーとは別に全てトラックのボリュームを一度に表示するメーターがあります。メーターパネルにはラウドネスメーターも搭載され、1つのパネルで視覚的にレベルを見ることができます。

メタデータ

メタデータパネルも他のページと共通です。撮影されたクリップからメタデータを失うことなくFairlightページで利用できます。メタデータが整理されていれば、シーンやテイク、シチュエーションなどを把握できます。

オーディオデータの書き出し

最終的なマスタリングはメインに割り振ることで目的のトラックチャンネル数にミックスします。

その他、混合オーディオトラックをサポートする事で複数のトラックを持ったムービーファイルを書き出したり、トラックをバウンスすることもできます。

書き出しはデリバーページで行います。

マガジンを購読すると、Motionworks.JPのパスワード保護されたページにアクセスできます。




スキやサポートもお待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

motionworks

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。