DaVinci Resolve 16 BETA新機能ガイド メディアとエディットページの改善

メディアページとエディットページにも数多くの機能が追加されています。メディアページでは顔認識を使いメタデータを登録。スマートビンも進化して登録されたメタデータごとに自動でフォルダが作成されます。

カラーページのグレードデータは編集ページでコピーペースト可能。「調整クリップ」を使うと、下にある全てのクリップにエフェクトを適用し、インスペクタのデータだけでなくResolveFXやOpenFX、Fusionエフェクト、カラーページのグレードなどを一度に複数のクリップに適用できます。

他にも多くの編集操作の機能改善が搭載されています。

カットページの詳細はこちら。

メディアプールの改善

メディアプールにはさまざまな新機能が追加。メディアページとエディットページの両方で使用できます。

この続きをみるには

この続き:7,359文字/画像32枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
記事が追加される毎に販売価格がアップします❗️早めの購読がお得です。

DaVinci Resolve 16 BETAのほとんどの新機能を日本語で解説。新しいツールの使い方なども書いています。 カットページ...

または、記事単体で購入する

DaVinci Resolve 16 BETA新機能ガイド メディアとエディットページの改善

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
4

motionworks

motionworks notes

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジンです。現在リリースしているほとんどのノートをサポートしサイトアクセスキーも付く超お得なマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。