ProRes RAW元年なるか? サードパーティソフトウェア続々 ProRes RAW対応を発表

ProRes RAW

昨年2018年にAppleはProRes RAWと呼ばれる新しいビデオコーデックをリリース。

ProRes RAWはカメラのセンサーからRAWデータを取り込み作成する収録用のフォーマットです。

ハイダイナミックレンジデータを維持して作業できるだけでなく、データ自体が圧縮され同じデータレートのProResと比較しても軽量に動作。

ProRes RAW対応カメラ

単独のカメラは収録できず、Atomosのレコーダーを使いSony、Panasonic、Canon、Nikonなど対応したカメラで撮影できます。DJIのドローンカメラでも撮影可能。

Canon C300 Mark II
Canon C500
Sony FS700
Sony FS5
Sony FS7/FS7 II
Panasonic Varicam LT
Panasonic EVA1
Nikon Z6
Nikon Z7
DJI Zenmuse X7

Atomos はNAB 2019でShogun 7を発表。高精度HDRモニターレコーダー&スイッチャでProRes RAW収録にも対応しています。

今までProRes RAWはApple Final Cut Pro XやMotionなどApple製のアプリケーションでしか利用できませんでした。

NAB開幕前にRroRes RAWのサポートをアナウンスしているアプリケーションは以下の通り。

Assimilate Scratch

FlimLight Baselight Daylight

MTI Film Cortex

ColorFront Transkoder

Telestream Switch



この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

ProRes RAW元年なるか? サードパーティソフトウェア続々 ProRes RAW対応を発表

motionworks

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
6

motionworks

motionworks notes

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジンです。現在リリースしているほとんどのノートをサポートしサイトアクセスキーも付く超お得なマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。