DaVinci Resolve メディアページ

DaVinci Resolveのメディアページは素材を読み込み整理する場所です。

メディアストレージブラウザ

接続されている全てのボリュームが表示される「メディアストレージブラウザ」から「メディアプール」に素材をドラッグして登録します。

「メディアページ」は、ほとんどの操作に右クリックで表示するコマンドを使います。

メディアプール

「メディアプール」はサムネイルとリスト表示ができます。、サムネイル上をホバースクラブして素材を確認したり、リスト表示で撮影素材のメタデータを整理できます。

マガジンを購読すると、Motionworks.JPのパスワード保護されたページにアクセスできます。

ビンの作成

メディアプールにはフォルダのような役割をする「ビン」を作成して整理したり、他のプロジェクトと共有できる「パワービン」や指定したフィルタ条件のクリップだけを表示する「スマートビン」の機能があります。

メタデータ

リストに表示されるメタデータを「メタデータ」パネルを使い、効率的にショットやテイクなどの追加情報を記入し、編集のための準備をすることができます。

DaVinci Resolve 15で追加された「キーワード ディクショナリー」でキーワードを追加したり、メタデータ変数を使って効率的に必要なショットを抽出できます。

「メディアプール」のメタデータは.csv形式でエクスポートできます。

クローンツールとオーディオの同期

クローンツールでベリファイを使いファイルを安全にバックアップしたり、オーディオとビデオが別々のファイルを「オーディオパネル」を使用して同期します。

シーン検出

もう一つ、特に便利な機能が「シーン検出」です。

「シーン検出」を使うと1本化されたムービーデータからカット点を抽出し、他のアプリケーションでも使用できる.edl形式で書き出しできます。

マガジンを購読すると、Motionworks.JPのパスワード保護されたページにアクセスできます。

スキやサポートもお待ちしております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

motionworks

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。