DaVinci Resolve 15 Text+でタイトルアニメーション(9)

この章はエフェクトマスクとマスクを使ったグラフィックの作成です。

インデックス(目次)

noteのこの記事は有料設定です。購読やサポートして頂けると嬉しいです。

マガジンでまとめて読めます。

Fusionページの使い方はこちらをご覧ください。

エフェクトマスクとは

「エフェクトマスク」は効果のかかる範囲を制限するためのマスクです。

「Text+」で作成した「Template」ノードに青い三角形があります。これが「エフェクトマスク」の入力です。

エフェクトマスクに入力できるものは、単一のチャンネル(白黒)の画像です。

ツールバーから追加できる円や四角形、ポリラインなどのマスクツールで作成したり、画像のチャネルから抽出して使う事も出来ます。

RGBAを持つ画像を接続するとアルファチャンネルが使用されます。

エフェクトマスクを適用する

ノードにマスクを適用してみましょう。

「Template」ノードを選択してツールバーの「Rectangle」をクリック。

「エフェクトライブラリ」>「Tools」>「Mask」からも選択できます。

「Template」で作成した文字が四角い枠で切り取られます。

「Rectangle」をビューアで見ると…

この続きをみるには

この続き:5,509文字/画像21枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
単品で購入するよりもお得です。後半になるにつれ内容が増えるので、マガジンで購入すると、いつでも読むことができます。

DaVinci Resolve 15 Text+を使用したアニメーションを解説しています。基本的な編集とDaVinci Resolve...

または、記事単体で購入する

DaVinci Resolve 15 Text+でタイトルアニメーション(9)

motionworks

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
7

motionworks

DaVinci Resolve Text+ アニメーション

DaVinci Resolve 15 Text+を使用したアニメーションを解説しています。基本的な編集とDaVinci Resolve 15 のFusionページの解説です。チュートリアル形式なので通して読むことをオススメします。 #davinciresolve
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。