DaVinci Resolve 15 Text+でタイトルアニメーション(2)

この章では簡単な編集の仕方を学びます。前の章で「メディアプール」に読み込んだ素材を編集します。

インデックス(目次)

noteのこの記事は一部有料です。購読やサポートして頂けると嬉しいです。

マガジンでまとめて読めます。

エディットページの操作

画面下のページタブで「エディット」ページに移動しましょう。画面の左側に「メディア」ページと同じ「メディアプール」がありますね。

他のページにも「メディアプール」はありますが全て共通です。変更した内容は他のページにも反映されます。

「メディアプール」のクリップをダブルクリックするとソースビュアーにクリップが表示されます。

ジェネレーターをタイムラインに置く

素材が何も無い場合は「エフェクトライブラリ」>「ツールボックス」>「ジェネレーター」から「SMPTEカラーバー」を選んでタイムラインにドロップしてみましょう。

「ジェネレーター」のデフォルトの長さは5秒です。

「DaVinci Resolveメニュー」>「環境設定」>「編集」>「一般設定」>「標準ジェネレーターの長さ」でデフォルトの長さを変更できます。

「ジェネレーター」はムービーのようにダブルクリックしてもソースビューアに表示されません❗️

他のクリップと同じように扱うには…

この続きをみるには

この続き:2,126文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
単品で購入するよりもお得です。後半になるにつれ内容が増えるので、マガジンで購入すると、いつでも読むことができます。

DaVinci Resolve 15 Text+を使用したアニメーションを解説しています。基本的な編集とDaVinci Resolve...

または、記事単体で購入する

DaVinci Resolve 15 Text+でタイトルアニメーション(2)

motionworks

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
6

motionworks

DaVinci Resolve Text+ アニメーション

DaVinci Resolve 15 Text+を使用したアニメーションを解説しています。基本的な編集とDaVinci Resolve 15 のFusionページの解説です。チュートリアル形式なので通して読むことをオススメします。 #davinciresolve
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。