AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(6)

After Effectsユーザー向けの講座の第6弾。今回はチャンネルの操作です。

前の章で説明した「描画モード」はレイヤー全体に対する効果で、チャンネル毎に重ね方を変えたり、チャンネル自体を入れ替える場合にはレイヤーに対してエフェクトを適用します。

マガジンはこちら。noteが追加される毎に値段が上がるので早期の購読がお得です。マガジンを購読後は追加されたnoteも読めます。

ほとんどのnoteが読める定期購読もあります。

チャンネルの操作

AfterEffects

AfterEffectsのチャンネル操作では、以下のエフェクトがあります。メニューの「エフェクト」>「チャンネル」から適用します。

アリスマチック(8 bpc)
ブレンド(8,16 bpc)
計算(8,16 bpc)
チャンネルコンバイナー(8 bpc )
合成アリスマチック(8 bpc)
反転(8,16,32 bpc)
最大/最小(8,16 bpc)
カラーマット削除(8,16,32 bpc)
チャンネル設定(8,16 bpc)
マット設定(8,16,32 bpc)
チャンネルシフト(8,16,32 bpc)
単色合成(8,16,32 bpc)

bpc(bits per channel)はチャンネルごとのビット数です。8bpcの場合0-255、16bpcは0-32,768、32 bpcは浮動小数点値です。

8 bpcしか使えないアリスマチックや合成アリスマチックは古いエフェクトです。

この続きをみるには

この続き:6,133文字/画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンに記事が追加されるごとに値段がアップします。早期の購入がお買い得です。

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fus...

または、記事単体で購入する

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(6)

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
2

motionworks

AEユーザーのためのDaVinci Resolve講座

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fusion)に置き換えていきます。AEの操作も併記しているので1粒で2度美味しい感じです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。