辻馬車の休憩所

2007年2月27日記(過去ブログより転載)

ロンドンの路上にイキナリ建っている緑色の小屋。
さていったいなんでしょうか?

これは Cabmen's shelterといって、
ヴィクトリア時代には辻馬車の御者達の休憩所でした。

当時の図を見ると、ちゃんと料理人が、

あたたかい軽食を出してくれています。

どうやらレディー・ヴィクトリアンの時代には
40ほどのキャブメンズ・シェルターがあって、
3000人以上のキャブメンが利用していたようです。

はじめてイギリスを旅行した時「アレは何!?」と、
同行者と共に頭をひねりました。
タクシーが停まっているので、どうやら運転手さんの休憩所では?
というところに話がおちついたのですが、
まさかヴィクトリア時代からあったものだったなんて、
当時は思いもしませんでした。(写真は1996年当時のものです)

現在では休憩のみで食事サービスはないようです。
(持ち込んで食べるみたいです。写真がありました)

※追記 2009年情報
最近ではテイクアウェイのカフェになってるとこもあるそうです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お気持ちありがとうございます。くれぐれもご無理なさらずに!

嬉しいです!
2

もとなおこ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。