デザインとイラスト

4
ノート

リッチブラックと墨ベタと4ベタの違い

■リッチブラック
C:60%(40%でも可とされる場合あり)
M:40%
Y:40%
K:100%
合計 220~240%

黒を深みのある、透け感のないしっかりとした発色にする為使われます。
4色をすべて使うため色は濃くなってキレイですが、同じ箇所に4版使う(4色4回印刷する)ため「版ずれ」「見当ずれ」と呼ばれる現象を起こす可能性があり、最悪色の境界線にずれた版(色)の線がうっすら出たりします。

もっとみる

誰でも絶対イラストが上達する方法

絵が上手に描けるように成る方法について

実は一番大事なのは「理解力」

1,基礎画力を付ける
2,写実的な模写や風景画を描けるように成る
3,アレンジとデフォルメによって個性を出す

こういった段階を踏んでくと、ほとんど苦手な題材は無くなると思います。女の子は描けるけどおじさんは描け無いとか、動物は描けるけど機械は苦手・・・などです。もちろん「2」の時点で全く手を出さなかった題材はそうそう描ける

もっとみる

デザインを分解観察することでデザイン力は向上する

デザインを分解するとはなにか?

デザインを分解するというのは、人体模型で人の骨格や筋肉を知ったり、組立図を見て物の構造を理解するというのに近い考え方だと思ってください。

広告などの紙媒体が一番わかり易いのでダミーで作った不動産のチラシを基本に話を勧めていきますが、web媒体などでも基本的な考え方は同じです。

実際に分解してみよう

■要素によって分解

要素というのは言い換えれば「役割」です

もっとみる

デザイン制作の視点

◼️デザインを見る上で必要な3つの視点

デザインを製作する上で主観で見るだけではゴール(校了)に近づかない事は多くあります。それでは何が足りないのか?という部分を分解して考察していきましょう。

まずデザインと言うのは目的があって製作されます。その目的は主に情報を伝え、印象付けていくという事なんですが、仕事として依頼された場合に対象を絞っていく必要があります。デザイナーはプロであり、あらゆる面で

もっとみる