Japanese Localization|ローカライズ

5
ノート

パズルのようにカスタマイズするUI翻訳

翻訳をチェックして、プロダクトの日本語UIとして世に出す仕事をしています。プロセス上、自分がチェックした内容ついて、変更前と変更後の日本語、変更した場合はその理由を記録に残しています。月ごとにその評価が数値化されて、翻訳ベンダーから共有されます。ときどき、「この変更はトランスクリエーション」というフィードバックがあります。ああ、そうですか。。

翻訳 vs トランスクリエーション

私自身、トラン

もっとみる

日本語スタイルガイドはいらない!?

フリーランス翻訳者から、また企業内のローカライズ担当に戻ることになり、今後いろいろとやらなければならない「スタイルガイド」について書きます。ここで言う、スタイルガイドとは、日本語を書くときの表記規則のことです。

ローカライズにおいては、多くの企業が独自の日本語スタイルガイドを用意しています。企業ごとに大きく異なる点のひとつに、カタカナ複合語(複数の英単語をカタカナ読みする場合)の表記方法がありま

もっとみる

翻訳会社に気づいてほしいこと(3)

読んだ人を動かす文を想像する

B2Cで翻訳する英語の文章には、それぞれに書かれた目的があります。いわゆる、ビジネス側の都合です。ビジネスなので、単なる「読み物」として楽しんでもらうための文章は皆無だと思います。たとえば、新規登録してもらう、新しい機能を知ってもらう、とにかく使ってもらう、シェアしてもらう、動画を見てもらう、広告を見てもらう、購入してもらう、などなど。

これを知ることで、翻訳する

もっとみる

翻訳会社に気づいてほしいこと(2)

前回のブログで「All we need is きちんとした日本語」と言ったわりには、どうすればいいのか書かなかったので、つい先日、某ローカライズ企業の方に伝えたことを思い出して書きます。

きちんとした日本語を書くにはどうすればいい?(校正、校正、校正)

・日本語を校正する
英語は見なくていいです。日本語だけ読んで、不自然だったらなおします。もちろん、この工程の前に、英語と日本語を突き合わせてチ

もっとみる

翻訳会社に気づいてほしいこと(1)

英日翻訳について書きます。個人的な関心と経験上、B2Cのトピックが中心です。翻訳/ローカライズ会社で約8年、IT企業のローカライズ部門で約8年、フリーランス翻訳者として3か月目時点での意見です。

誰のために翻訳しているの?(エンドユーザーを念頭に置く)

翻訳したものを読む一般人、つまりエンドユーザー(Webサイトを見る人、SNSの利用者、プレゼンのスピーカーや視聴者、ゲームのプレーヤー、など)

もっとみる