見出し画像

NovelJam 2019’dashに参戦します

昨年11月に参加した、超短時間で小説執筆から電子書籍出版までするハッカソン「NovelJam」に今年も参加することとなりましたので、ご報告します。
下記は前回参戦した時に感じたこと、そして森田玲花の簡単な情報となりますので、併せてご参照ください。
(詳細はそれぞれ別途投稿するので、今回はかいつまんで記載します)



【NovelJamとは】

著者・編集・デザイナーがタッグを組んで、お題に沿った小説を完成させて電子書籍として刊行するまでを2日間でやるイベントです。
※前回は2泊3日の合宿だったが、今回は0泊2日に変更

刊行した後は各自が販促活動を行い、売上実績や活動内容によってグランプリが決定されます。


【NovelJam参加のメリット】

強制的に書く環境が得られる(完成させなきゃいけないのでエタれない)
・人脈ができる(未だに前回の人たちと遊ぶこともある、もっと仲良くなりたい)
・自分の実力が試せる(世の中にはすげえ人たちがいっぱいいる)
・普段接しない人たちに原稿を読んでもらえる(いいも悪いも感想がもらえる)
・新しい視点や考え方、ジャンルとの出会いがある(色々な人がいる、最高に面白い)
特にアマチュア作家は「編集」という存在がつくのはでかい(編集さんもプロ・アマどっちもいるので担当にもよるかも)
・ちゃんと印税が入る(セルパブ作家デビュー)
・なんか人生にいい作用が起きやすいらしい(n=1だと恋人ができた)


【NovelJamのデメリット、というか注意点】

想像しているよりも時間がない(特に今回は宿泊なしで期間短縮)
・相性のいい編集と組めるかは運ゲー(人間、ジャンルによって得意不得意はもちろんあるので…)
・必要なものは事前に揃えておかないとやばい(多少のものなら三鷹開催だし結構問題ないとは思う)
・話したいことや話したい人が明確にあるなら積極的にいく(後半は時間も余裕も気力も無くなっていく)
・めちゃめちゃ疲れるし、次の日は使い物にならなくなる(閉会した翌日は予定を入れない方が自分に優しい)
販促期間は気づくと終わっているのでなりふり構わずさっさとやる(あと恥を忘れないと売れない時もある)


【森田玲花とは(簡略版)】

詩人です。たまに短歌やエッセイも書きます。
・キャッチコピーは「貴方の心に致命傷を与えたい」です。
・普段は制作会社でコピーライターをしています。
・得意ジャンルは恋愛です。どちらかといえば純文よりです。
・人見知りですがそれなりに会話はできる、スタイリッシュ人見知りです。
・人相は悪いですが怒っていません。安心してください。
・いつ見ても大抵眠そうと言われますが、その通りです。
・クセは強めかもしれません。とりあえず服の色合いが派手です。
・敬愛する人は岡本太郎/寺山修司/中原中也です(敬称略)。


【主な過去の著作物や展示】

・小説「あなたは砂場でマルボロを」

前回参加時に出版したものです。一人の女性が恋愛に振り回される話です。


・歌集「最後まで漸近線」

林口草太朗さんとの往復書簡(?)です。NovelJam2018秋 B面です。


・個展「あなたは砂場でマルボロを」

「小説の世界観を詩歌で拡張できるか?」の思考実験。インスタレーションです。
私個人の目線での備忘録はこちらから。


・エッセイ「情事のあとは、必ず金マル。」(もりた名義)


「素のもりたで書いてよ〜」と言われてゆるく書いてます。ラブホに関する思い出話です。


【なぜ今回も参加するのか】

☆結果が出せなかったからだよ☆


【執筆に関すること】

・WordもしくはGoogleドキュメントです。
・だいたい書きたいオチかシーンありきでストーリー構成をします。
・悩んだら手書きでメモを書いたりすることも多いです。
・長さより密度を重視して書きます。
・明るい話よりも暗い話になりがちです。
信条として、人のつらい気持ちや悲しみに寄り添う物語を書きたいです。


【編集さんに関すること】

・基本は編集さんと相談しながら進めたいです。
・具体的には最初のネタ出しと詰まった時のとっかかりです。
・主観で構わないので、ダメだと思ったらダメとちゃんと言って欲しいです。
・時として絶対に譲らないと決めたことは何を言われても譲りません。喧嘩してでもです。
・誤字王&ザル校クイーンなので他者の目を信じています。密な校正作業をお願いできる方だと嬉しいです。
・おんぶに抱っこはしませんが、ファクトチェックをはじめ、些細なことでも相談してしまうかもしれません。
褒められたら伸びるタイプ&仲良く朗らか進行が理想ですが、バチバチにやりあるのもウェルカムです。
・せっかくの場なので、はじめましての人とできたら組みたいです。
・グランプリのことも視野に入れて活動したいので、イベント開催後も活動に付き合ってもらいたいです。


【森田玲花の注意点】

・スイッチが入るまで筆は遅いです。
・というか、全体的に筆は速くないのでギリギリまできっと作業します。
執筆中でも飲酒や喫煙をします。故に離席することが多い可能性があります。
・とはいえ、泥酔するまでは飲みません。気付薬とリラックス薬を兼ねています。
・切羽詰まってくると駄々をこねたり泣き言を言ったりと、幼児退行待ったなしです。
・雨やガム、チョコレートなど、よく物を食べています。
・多分時間的に間に合わないので、十中八九、徹夜になるかと思います。
・販促期間はだいぶ振り回す可能性があります。勝つためにはガムシャラにやるぜってタイプです。


【意気込み】
今回こそグランプリが欲しいです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!切実に!!!!!!!!!!!!!!


以上、取り急ぎのご挨拶でした。
どうぞよろしくお願いいたします。


-------------------
この先はエントリーシートに書いた原文ママを掲載しておきます。
読んでも読まなくても影響はありません。


この続きをみるには

この続き:1,464文字

NovelJam 2019’dashに参戦します

森田玲花

100円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は、美味しいお酒と新しい本に使い、書くためのエネルギーにしたいと思います。

12

森田玲花

1992生まれの詩人(仮)。貴方の心に致命傷を与えたい。 【連絡先】mrtriksty@gmail.com 【個人活動まとめ】http://aboutmrtrik.tumblr.com

森田玲花

森田玲花について
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。