見出し画像

渋谷でトリを思いっきり / かしわビストロ ばんばん

わたし結構渋谷でごはんに行くんですよね。

オススメしたいお店も渋谷にたくさんあるんですが、そう言うと

「渋谷はちょっとなあ〜」

と言われてしまいます。

確かに渋谷といえば若者の街、歳をとるほどに心の距離は遠くなってしまうような気がします。

ただ、渋谷はやばい。やばいんですよ。

本当に美味しくてお手頃なお店がたくさんある。それを知ってほしい。

わたしは大学生の頃に友人と渋谷開拓をして、その素晴らしさに気付き、今日に至ります。

このnoteでは渋谷のお店についてもたくさん書きますので、渋谷から最近遠ざかっている方も「行ってみようかしら」なんて思ってもらえたら嬉しいです。

さて、今回は長くなりそうなので適宜見出しをつけていきますね。

・本日のお店

さて今回は、神泉にある「かしわビストロばんばん」をご紹介します。

なんだ神泉じゃん、なんて言わないでください。

わたしは渋谷駅から歩いていくので、ここは渋谷です。渋谷の神泉エリアです。

今回は2回目なので、もう美味しいことはわかってます。だからルンルンです。

お店の入り口は歩道から少し階段を下りたところにあるんですけど、気付いたら店に入る前から「17時に予約した〇〇です〜〜♪」と小声でつぶやいてました。

さすがに恥ずかしかったです。

この日は17時予約ということもあって、まだお客さんもまばらでしたが、人気店なので予約は必須かと思います。

でも「絶対1週間前までに!」とかではなくて、実際今回わたしは前日に思い立って予約した感じです。

でも一応ね、予約はしたほうが安心です。

ありがたいことに食べログ等でネット予約ができるので、思い立ったらすぐに予約しちゃうといいと思います!

ネット予約は本当にありがたいですよね。

電話予約だと、営業時間を調べて「よっし電話するぞう…!」と気合を入れたりしなきゃいけないですもんね。文明に感謝です。

・ 店内の雰囲気

さて、店内はナチュラルな感じの雰囲気で落ち着きます。

こじんまりとしたお店なので穴場感があるのもグッド。

絶対家に置いたら週1ペースで頭をぶつけちゃいそうだな、みたいなつり電球が店内を灯しています。おしゃれです。


・ 本日のメニュー

で、席に着いたらメニューを見ますよね。

わたしこのメニューについて言いたいことがあります。それは

美味しいお店のメニュー、見てるだけで幸せ〜〜〜!!

です。なんなら、

美味しいメニュー表がある店は、ぜったい美味しい〜〜!!

です。

「美味しいメニュー表」っていうのはもちろん比喩で、ちゃんと言えば「料理への愛が感じられるメニュー」って感じでしょうか。

初めて行った店にそれがあると「絶対このお店美味しい!やったあ!!」ってなります。

それくらいメニューは重要。見た目が可愛いとかは全然いらないです。

A4用紙に筆字で、とかもいい。てかそれはむしろいい。

ふだん写真集って買わないんですけど、

「ウマい店のメニュー、あり〼」

みたいなメニューの写真集が出たら買っちゃうな〜〜!

ほんと笑みがこみ上げてくるんですよ。誇張なしに。
それくらいメニュー表が好きなわたしです。

で、ここのメニューはまさにそれなんです。こちら。


ドリンクメニューしかなくて申し訳ないんですが、それでもなんかヒシヒシと伝わってきませんか?

この紙数枚をバインダーでとめてるあたりもいいですね!とても!!いいです!!

ドリンクはグラススパークリングワインにしました。
ビールと悩むんですよね、いつも。

あの喉越しはいいのか?って頭の中のビール党が話しかけてきます。

で、ご飯は一旦こんな感じで注文。

・”数量限定”近江黒鶏の生レバー
・地鶏とアボカドタルタルの生春巻
・”旬のとうもろこし”のスパイシーフリット
・バンバン名物!地鶏のかしわ焼き(たれ)

見るからに美味しそうですよね?思い出すだけでお腹すいてきました。

・スパークリングワインとお通し

まずはスパークリングワインとお通しのしらすサラダがきました。

このしらすサラダが量もあって美味しくて最高。
これぞお通し!って感じです。

「お通しを出さなきゃいけないんですよねえ」みたいな顔をしているお通しは見習ってほしいですね。

・ 生レバー

で、お通しを食べてる間に、ツヤッツヤの生レバーがやってきました。

このお店は料理を出すスピードもはやいです。

たまにありますよね、「そういえば長らく食べてないね?!」ってなる店。

ここはそんなことありません。安心してください。

ニンニクの香りが食欲をそそる生レバー。牛レバ刺しが食べられなくなって久しい今日この頃、レバーはひさしぶりの再会です。もちろん美味しい。

写真がないのは、食欲が抑えきれなかったからです。すみません。

・ 生春巻

次に来たのが生春巻。

アジアン風味も感じつつ、タルタルがのってるので一味ちがう。

よくあるようで、ない。そんな個性的な一品。もちろんおいしい。

こちらは奇跡的に写真がありました。
お洒落な人の家にある皿にのってます。


・ とうもろこしのフリット

次に、とうもろこしがやってきました。

夏といえば、とうもろこし!

この時期は、とうもろこしのかき揚げとか、天ぷらとか唐揚げとかが限定メニューに登場して最高ですね。

どの店にもあるわけではないので、あったら必ず頼んじゃいます。

ここのフリットはもともと味がついてるうえ、サルサソースもついてきます。

ただ、デフォルトで美味しかったのでソースを味わう間もなく食べ終わっちゃいました。

芯まるごと揚げてくれてるので大きく見えますがぺろりです。(といっても写真はありません)

人前でとうもろこしにかぶりつくのだけはムリ、という人は気をつけてください。

・かしわ焼き

で、最初の注文のトリを飾るのはかしわ焼きですね。

やわらかくて美味しいです!さすが名物!
濃い味付けなので、ビールがあうはず。

アッツアツの鉄板で来るのが嬉しいところですが、火傷には注意です。

わたしは興奮のあまり手首が触れてしまい、後半はおしぼりとお友達になってました。

さて食べ終わってしまったので追加でこちらを頼みました。

・地鶏のレアハンバーグつくね

レアで、ハンバーグで、つくね。メニューの中にメイン料理が2つ入っちゃってます。

どういうことかというと、こういうことです。


ごろっとしたお肉で構成されていて、まわりにはソースがたっぷり。上にはたっぷりチーズの中に卵黄がひそんでいます。

それをスプーンで豪快にズサーーーっと混ぜます。卵黄のツヤととろーりチーズをまとわせて一口。もちろん美味しいです。

こちらも鉄板でくるので、くれぐれも火傷には注意です。

そろそろお腹いっぱいになってきたので、〆を頼むことにしました。

・トリュフのパルミジャーノリゾット

トリュフっておいしいですよね。ほんと気付いたら魅了されてました。あの香りがたまらない。

ここのトリュフリゾットは、その香りがやばいです。暴力的なほどまでに香る。
一口食べると、顔の8割がトリュフになったんかってくらい香ります。それが最高。

最高のフィナーレを迎えられるので、ぜひ〆に頼んでみてください。


で、さらに最高なのは、これだけ食べて1人4000円いかないってとこです。すごくない?
強制参加の悲しい飲み会でも5000円はしますよね?世の中の構造が謎です。

・今回のポイント

以上、はじめての夕飯レポートは予想どおり長くなってしまいました。

今回のポイントは

・渋谷にあるかしわビストロバンバンは、雰囲気もおしゃれで美味しくて最高
・お値段もお手頃で最高
・予約は必須!でも焦らなくてOK

って感じです!
ぜひいってみてください〜!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!うれしいです!!
6

みずたにさんのごきげんグルメ

おいしいものが大好きなわたしが、ごきげんに書いています。夫婦で運営している「結婚するときよむブログ」はこちら ▶︎ https://tokiyomu.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。