自由に生きたい

こんばんは、僕がアメフトしてた頃は体重が100キロあったんですね。
相当無理をしていたので引退してすぐに体重は90キロくらいまでストンと落ちたんですけどそこからがなかなか落ちなかったんですよね。
さすがに不健康なことは自分でも分かっていたので痩せよう!と思いまして就活が終わった6月くらいからダイエットがてら食事の管理を始めました。
そこから約2ヵ月で10キロ落ちました。
だから教えます、ダイエットは運動ではなく食事だ!

さてさて、今回の本題は「自由に生きたい」なんですよね。
小学生の時って作文で「将来の夢」を書く機会がありますよね。
周りの友達が「サッカー選手!」や「プロ野球選手!」って書いてある中、僕はひねくれた小学生だったので周りの友達とは違う事が書きたくてですね、

「工場長!」

って書いたんですよね。
ひねくれ方が間違っているような気がしますが確か内容はネジとか作る工場の工場長になりたい!みたいな感じで書いていたのだけ記憶しています。

おそらくその時は本気で目指すつもりはなかったんでしょうけど、まぁ火のない所に煙は立たないと言いますから、僕はおそらく「工場長」だとか「社長」だとかいう「長」っていう単語に憧れていたのだと思います。

その後もですね、中学生になっても高校生になっても「社長になる!」って冗談交じりに言っていたんですよね。

そして今社会に出る一歩前の環境にいるのですが、なんだかやっぱり思うんですよね、「社長になりたい」と。
そしてそれを周りにも話すんです。高校の友達とかはもうノリノリで、一緒に会社立てよう!と言ってくれるんですわ。
でもですね、きっとこの世の社長にいる人のほとんどってなんか凄くアツい背景があるような気がするんです。自分みたいなやつが言っていいのかっていう所ですよね。

そもそもですね、自分がなぜ「長」に憧れてんのって話ですわ。
僕はですね、両親が公務員のなかなかお堅い家に生まれまして、いろんなことが禁止された環境で育ったんですよね。
夜更かし禁止、ゲーム禁止、お泊り禁止、アイスは一本まで!、ケータイ禁止、眉毛はそっちゃだめ!、だとか、なんか悪い事や迷惑かける事は大体禁止されていました。

今でこそ、まぁ確かにそうだなと思う部分はあります。
ただ当時の自分はガキンチョな訳ですから反発が凄いわけです!
だからこそまぁ自由を求め、大学を求め、進学校を求め、勉強したわけです。(初めのノートに書いたやつですね。)

まぁきっと「長」に憧れてんのって「自由」に憧れてるんだと思うんです。
だから「社長」になりたいんです。だって自由でしょ。

ただこれって本当に実現できるのでしょうか。
今はこれだけ社長になりたいと願い、社会人になれば毎朝早く起き、夜遅くまで働き、そして飲みに行き、なんていう生活を絶対にしたくないと思うんですけど、僕はかなり真面目で怖がりのビビりなんで、絶対この生活に慣れてしまうし、いざ起業しよう!会社を立てよう!と思うと絶対ビビっちゃうんですよね。慣れるのって良い事なのかもしれないですけど僕は慣れたくないんですよ!

ただ、前回のノートでも書いたのですが、「社長になりたい!」と願える事はおそらく才能なんですよね。だってなれると思ってるわけですから。
自分の能力がないのなんて重々承知しているのにまだこの単語が出てくるわけです。

「社長になりたい」

これはなかなかの才能です。「鈍感力」がかなり高いんです。
でもなんかこう思えるのって多分自分が社会に出ていないからなんですよね。
変に想像できちゃうんですよね。悲しいですね。
実際社会に出て世の中の厳しさを知ったらきっとこの思いが消えるんだと思うんですよ。

だからこそ!僕は何かしらの社長になるための何かを今のうちに掴んでおかないと!と思うんです。

ただなかなか難しいですよね。だってアメフトばっかしてたわけですから。
バイトもほとんどしたことありません。
自分の力でお金を稼ぐ方法が分かりません。
会社で働いてそれが分かるようになるのかと言われると多分分かりませんよね。
完全にないものねだりです。

僕は自由に生きたい。

こんな僕は何をしたらいいんだろうか。
出来る事なんて沢山あるはずなのに。

最近本を読むんですけど、こんなこと言ってたら本を書くような今最前線で頑張っている人達には怒られちゃいそうですね。

以上です、読んで頂き、ありがとうございました!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

田舎者ギャング

元アメフト部の大学生です。大学4年間はアメフトに熱中しすぎて留年しました。今は部活を引退し、5年生です。部活漬けの毎日から解放され、初めてのキャンパスライフを満喫中です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。