複合バットの影響

皆さんこんばんは、飯塚岬です。

近年の軟式野球では製品開発の技術向上によって、金属バットよりもビヨンドのような複合バットのシェアが増えてきています。

アカデミーの子ども達も例外ではなく

・ビヨンド◯ックス

・ブラック◯ャノン

・ハイパー◯ッハ

などの複合バットをよく見かけます。

これらのバットが安いわけもなく、確かに良いバットであることに間違いは無いです。しかし、子どもたちの将来を考えるとあまり良くないのではないかと僕自身は感じています。その理由が…

スイングスピードの低下です。

子どもたちの身体はまだまだ未熟で、スイングスピードも大人のそれと比べればまだまだです。しかし、複合バットでは軽く当てただけの打球が外野の頭を超えてしまうような場面もしばしば見られます。僕ら大人の草野球であれば

このバットやべぇなぁ!!大好きだ!!

で済みますが、子ども達がこの感覚を味わってしまうと、自分の能力を見誤ってしまう可能性があると思います。さらに言えば

日本の硬式野球部の高校球児や海外の子ども達、複合バットを使っていますか?

我が子が活躍する姿を見たいという気持ちもわかりますが、野球小僧を育てている保護者の方々は、子どもの将来を考えた上での用具選択をしていただきたいと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Keep challenging!!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。