tiktok鑑賞は5秒でできる精神のリストカット


女子高生がもつ独特の「過去も未来も社会もない」という閉じた世界観に心が押しつぶされそうになるときがある. 圧倒的に濃縮された今と自分たちだけに没入しているその姿は、自分が過去と未来と社会と見えない他人に分散されているような大人生命体にとっては、とても追いつけない.


その活動には生産性も営利も世界の苦しみもなく,自分と半径100mの世界が世界の全てだと言わんばかりの顔.最強の生物.

視野や世界を広げることは大切だけど,閉じた世界でしか生まれない感性というものは確かに存在する.それらを全力で享受しているtiktok女子高生という2.5次元の実体に心が押しつぶされそうになり
しかしそこには庶幾するような衝動もあり
まさに精神のリストカット



お祭り〜

人が集団になると社会システムができる❣️
その中で生活していると主体性が失われていく
たぶん「お祭り👹」は、人が人としての自己を保つための装置.
非生産的で非合理的で意味のない行動をすること(阿波踊りとかねぶた祭りとかその祭り自体に一体何の意味があるのだろうか!)には、それ自体には意味があり、きっと「合理的な生活行動から定期的にあえて逸脱すること」で、社会システムに脳が完全な支配されないようにするというもの.


tiktokは、曲に謎の振り付けで踊るアプリで、つまり上記のスモールなお祭りとして機能している気がする.

それを「馬鹿みたい」「子供は…」「意味不明」とせせら笑ってるやつらこそ、馬鹿なんじゃないかと😠,
非生産的で非合理的で意味のないことを日常的に楽しめることにどれほどの価値があるか.戻れない過去と暗い未来を抱えて、狂ったような社会の中でどうしようもない日常に埋没していく大人になるくらいなら、世界の外側に触れずに、過去も未来もなく自分と周りの人たちだけで目の前のことだけを生きることは、間違いじゃない



その時期を抜けると,何かするたびに将来とか意味とか責任とかが思考にまとわりついてくる←そんな処理を幾度として生まれた行動や生活に自由意志はあるのか

といっても結局そうせざるを得ない大人なわけで,こういった損切りできない感情を強制的に打ち切れる方法が結婚や子育て,つまりそれらは世界に対するある種の諦めなのかなと思ったりもする.しかし僕は結婚や子育てに何の希望も感じない(そもそもできない)タイプの人間なので,閉じた世界への渇望を無理矢理に自分から引き剥がすこともできず,塩漬けされたノスタルジックな感情をひたすら持ち続けたまま一人で生きていかないといけないと思うと鬱になる.


tiktokの女子高生は羨ましいなぁと思う.

以下、天気の子のネタバレあり

上記長文で述べためちゃくちゃ気持ち悪い感情をあんな綺麗な作品として昇華できる新海誠はやっぱすごいなぁと思う


以上、天気の子の感想でした

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

88

藤川

工学部

コメント1件

Tiktokに使用されている曲を"意味不明な曲"と一言で紹介してしまうのは、作曲者に対して失礼だと思います。
中にはTiktok用に作られたものもありますが、そうでないものも沢山ありますので…。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。