ダンテ「神曲」地獄篇第2歌 ベアトリーチェ?

いつの間にか、イタリアでは「Ferragosto」(聖母被昇天の祝日、8月15日)も「il Palio」(パリオ祭、7月2日と8月16日)も終わってしまいましたが、日本ではまだまだ厳しい残暑が続いていますね。

さて今日は、「神曲」地獄篇の第2歌の内容を共有していきます!


そもそも、いつの話?

そういえば、この話をしていなかったなと思い、慌てて書きます笑。

時は1300年の春。復活祭の木曜日の夜半から、この物語は始まります。

第2歌は、聖金曜日の暮れ方からの出来事です。

日本では「イースター」として広く知られる復活祭ですが、イタリア語では「Pasqua」(パスクア)と言い、その語源はヘブライ語の「Pesach」に由来しているそうです!



音韻について

日本で俳句や短歌の文字数が決められているように、イタリア語の詩にも決めごとがあります。

この作品は、全体を通して11音節詩で書かれています。

今回は第2歌で音韻について少し感じてみましょう。

Quali fioretti dal notturno gelo
chinati e chiusi, poi che ʼl sol li ʼmbianca,
si drizzan tutti aperti in loro stelo,
それはあたかも 夜の寒さにうなだれて
花びらをとじていた小さい花々が、日がかがやきだすと、
すっくと立ち上がって、茎のさきで花をひらくように、

春を思わせる、なんとも素敵な詩ですよね♪

そこでこの詩を、11音節詩の最も使われるルールに従って、自分なりに数え方やアクセントの位置を考えてみました。

まず、音韻の数に注目してみましょう。それぞれ母音のすぐ下に、記号が付いています。

イタリア語は、母音が連続するところは続けて読みます。そのため今回はこれを1音節として数えることにします。例えば2行目のはじめ「chinati e 〜」は(キナーティエ 〜)という感じ。

さて、まずは点と丸を区別せず、1行ずつ数えてみます。

すると、すべて11音節で成り立っていることが分かりました。(実際に読みながら数えてみると、感動しますよ!笑)


それから、アクセントについて。

強く発音するところは○、弱く発音するところは・で表しています。

10音節目に必ず強く発音するというのが、11音節詩の決まりです。しっかり守られています。

なるほど、だから読んでいて気持ちいいのか…

詩のリズムがとても心地良いので、春が訪れる様子(比喩)が、より美しく心に響いてきます。

私は第2歌だと、この文章が1番好きです♪




あれ、タイトル通り、最初はベアトリーチェ(ダンテの恋人)についてをメインに書こうとしてなかったっけ…?!

まあ、いっか!


次回、書くかもしれません(°▽°)



冒頭でお話したFerragostoについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を是非読んでみてください!

ついでに、今年のパリオ祭の様子が知りたい方はこちらも(^^)



それでは、またお会いしましょう*°


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

明日もお互い頑張りましょう♪
3

奈々絵

大学生。専攻は声楽。歌と読書と芸術鑑賞が趣味。基本的には好きなことを書いてアウトプットの練習してます。 将来的には歌だけでなく言葉で人の心を動かしたい!

ダンテ『神曲』地獄篇(一部)

コメント4件

いい詩ですね~。11音節の区切り方については発音が不勉強でわかりませんでしたが、朗読を聴けばきっとまた美しい響きなのでしょうね。fiorettiはサッカーが好きだったので、ああ、フィオレンティーナと思いましたが、小さな花々がうなだれている感じ、それから太陽が照らす感じが白い光のような印象をうけました。solが’mbiancaという表現が面白いですね。太陽が白く照らすのは女性性を感じます。小さな花々ですからね。陽光を男性形か女性形に為すかで詩の印象がかわりますが、この場合柔らかな光、だから朝日なのでしょうか。すごく興味深いです。ちなみにbianncaの前にくるmというのはなんでしょうか。イタリア語に詳しくないのでわからないのですが、音読の際の調子を整える文字なのでしょうか。それから、stelo(茎)の先から花が開いていくというイメージも面白くて感じ入りました。日本なら蕾から花開くイメージなのですが、茎(の先)からというのはお国柄なのでしょうか。たしかに茎の先で花は開きますが、先に花弁が閉じている状態があるようなのに蕾でないところが面白いです。どこの訳をみても茎の先ですから、
この面白い表現を短歌につかえないかなぁと思ったりしました。ダンテの詩はすべて読んだことはないので、非常におもしろかったです。全体にとても力強さを感じますね。この詩も力が漲ってくるような感じをとても受けました。
またダンテの講義たのしみにしてます。(Nod)
いい詩ですよね〜。このあと、「わたしのくじけていた力も きりっとなって、鬱勃とした精気が胸にみなぎり、」と続きますが、今回は省略してしまいました泣
‘mbianca についてですが、これは imbiancare という動詞の、三人称の活用 imbianca かと思います。他動詞用法で「〜を白くする」という意味です。イタリア語はよく母音が省略されることがあり、前の直接目的語代名詞 li「それらを(=小さな花々)」の母音の省略をためらったために、 'mbianca になったと思われます。
さて、fiore は「花」という意味ですが、ダンテはここでfioretto (複-i)「小さい花」と書いています。これを辞書で調べてみると、まずはじめに「精華、極上」とあり、fioretto という言葉には、「小さい花」というひっそりとした美しさの中に、実に本質的な意味を含んでいることが分かりました。
そのためダンテは li の母音をあえて省略せず、主人公(ダンテ)の心の内とを見事に対比させ、その変化をよりドラマティックに描こうとしたのかもしれませんね…!
母音省略何ですね。また、il fiolettoは最上級の意を含んでいるということですね。何か特別な小さな花、なんだか英語のstarletみたいで金の卵のようなものでしょうか。わかりやすい解説ありがとうです😊。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。