カードゲーム大会における集客方法

「参加者を増やすためにはどうすればいいのか。」

これは大会主催者にとって常に悩みの種です。この記事は、カードゲームの大会運営における私が大切にしている考え方と、それを基にした実例を挙げながらどのようにして参加者を増やしてきたのかをお伝えします。

初めまして。「せれ」と申します。
私は、「マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)」というトレーディングカードゲームの「レガシー」という遊び方を使った「KMC」という大会を運営しています。
KMCは、他カードゲームでいうところのCS、公認自主イベントと呼ばれる大会に近いものとなります。開催会場は、大阪府下の公民館やカードゲームショップです。
参加者は最低であった18名から7年で100名をこえる方々にご参加いただくまでになりました。

画像1

画像2

「第1章」人は見た目が100%

参加者3名の大会と、15名の大会を見つけたあなた。どちらに参加されますか。
大多数が15名の大会へ足を運ぶでしょう。

もしかしたら、3名の大会は雰囲気の良い大会で、15名の大会は雰囲気の悪い大会かもしれません。しかし、それは外からは見えず、参加人数だけを見れば15名の大会のほうが見た目が良いのです。
人は見た目で選ぶのです。

大会をする上で大切なことは沢山ありますが、こと集客においては「見た目が100%」です。
見た目をいかにして良く魅せるのか。大会自体を良く魅せるのはもちろんのこと、参加してくれるプレイヤーを演出していくことも重要です。

(1-1)大きく魅せる

KMCという大会は第111回を迎えましたが、そのうち大阪以外で開催した大会は10回もありません。いうなれば「大阪レガシー大会」なのです。にもかかわらず「関西レガシー大会」と名乗って活動しています。まるで関西を代表する大会かのように。
KMCには京都を中心に大阪以外から参加してくださる方も多くいらっしゃいます。もし「大阪レガシー大会」と名乗っていたら、その方たちは参加してくださっていたのでしょうか。もしかすると「別の地域で行われている自分には縁のない大会。」となっていたのかもしれません。

また、KMCでは参加者のデッキリストを海外のサイトにも掲載してもらっています。それは、海外のサイトにまで掲載されるほど大会が大きくなったからではありません。こちらから依頼したからです。狙いは、日本のプレイヤーに「海外のサイトにもデッキリストが載るなんてすごい大会!」と思わせるためでした。その際「111th KMC in Japan」という登録大会名としました。まるで日本を代表する大会であるかのように魅せるために「in Japan」を付け加えました。結果、海外の有名プレイヤーがKMCについてコラムを書いてくださり、日本のプレイヤーもそれを見てKMCは価値のある大会なんだと思ってもらえるきっかけを作ることが出来ました。

画像3

(1-2)目に留まりやすくする

MTGに関して宣伝方法はTwitterしかないのが現状です。参加者も大多数がTwitterで大会情報を得ようとします。しかし、情報をなかなか見つけられない大会が多いと感じています。目に留まらなければ告知はしていないのと同じです。先に目に留まった大会に足を運ばれてしまうのです。
KMCでは、大会の日程を固定ツイートに貼り付けています。情報を探してもらう時、出来る限りストレスを感じさせないためです。
人は探しやすい大会から探し、そこが開催していなければそこから別の大会を探し出します。最初に探してもらえる大会にしておかなければなりません。

画像4

(1-3)告知は前もってする

この続きをみるには

この続き:4,353文字/画像1枚

カードゲーム大会における集客方法

せれ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

せれ

トレーディングカードゲーム「マジックザギャザリング」のレガシー大会「KMC」を運営しています。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。