α7Sという最強のカメラについて

文章を書く媒体は色々とあるのだけれど、ここでは機材の話を中心に書いていこうと思う。写真というのはカメラという道具を使って初めてできるものだし、機材の話というのは避けて通ることができないと思うから。

SONYのα7Sというカメラを1年半ほど使っている。プロカメラマンの中にも愛用者はたまにいる(鈴木心氏や、梅田厚樹氏など)。僕の観測範囲内だと、たまに使っている人がいるかな、程度のカメラで、SONYユーザーの多くはα7Ⅱとかα7Rあたりを使っているような印象がある。7Sはややマイナーなカメラだろうか。

α7SⅡが既に発売されており、そろそろα7SⅢが出るかどうか、というタイミングなのだけれど、僕はやはり初代のα7Sが最強だと思う。鈴木心氏の言葉を借りれば、フルサイズセンサーを搭載しながらも「これ以上小さくて、軽くて、明るい(※筆者注 高感度耐性がある)、そしてサイレント撮影ができるカメラは人類史上存在しない」から。何より、画素数が約1200万画素というのが素晴らしい。正直、α7Rの4000万画素なんて必要な人は殆どいないし、α7の2400万画素だって必要な人は殆どいない。余程大きく引き伸ばして展示でもするのなら必要かもしれないが、今や多くの人はSNSやネット上のみでしか写真を扱わないだろうし、Instagramなんかに限って言えば、アップすると自動的にリサイズされてしまうわけだから、1000万画素でもオーバースペックだ。もっと言えば、150万画素でもオーバースペック。無駄に画素数が多くても、ファイルサイズが大きくなってしまい、HDDの容量を圧迫するだけで無意味だ。一般的に、「画素数が多いほど写りが良い」みたいなイメージが植え付けられているが、それは間違いだ。画素数と画質とは別に関係がない。デジタルカメラにおいて画質を決定づけるのはセンサーサイズとレンズの質である。α7Sというカメラは、そこら辺の事情を如実に物語っている。フルサイズのセンサーでありながら、画素数を控えめにすることで、1画素あたりの面積を広げ、ラティチュードの広さと高感度耐性を得ることに成功したカメラ。CanonでもNikonでも、同じようなコンセプトのカメラは存在するけれど、α7Sはそれらとは違ってミラーレスである。ミラーやペンタプリズムが無い分小型・軽量化でき、可搬性、機動性においてアドバンテージがある。

最初に使っていたα6000も、コンパクトで素晴らしいカメラではあったけれど、どうしても暗所での使い勝手が悪かった。ISO感度の上限は51200だったけれど、そこまで上げてしまうと画質の劣化が甚だしく、とても見れたものじゃなかった。夜の街でのスナップやポートレート、水族館や薄暗い室内などの撮影で、暗くてピントが合わない、感度を上げると絵が破綻する、かといって感度を下げるとシャッタースピードが下がるから手ブレ、被写体ブレしてしまう、しかしストロボを使ってしまうと雰囲気が損なわれる(或いはストロボ発光禁止の場所もある)、といったストレスがあったのだけれど、α7Sはそれらを全て解決してくれた。今迄撮れなかった写真が撮れるようになった。なんと素晴らしいことだろう。可能性を広げてくれるカメラ。実際のところ、このカメラでなければ撮れなかった写真は沢山あっただろうと思う。

α7SⅡが発売されており、こちらは本体に手ブレ補正がついて、さらに単体で4K動画が撮れるという代物だ。しかし手ブレ補正機構がついたせいでボディは若干大きく重くなってしまったのと、その2つの機能がついただけで初代α7Sより10万円も高い。4K動画は間違いなく要らないし、手ブレ補正もあるに越したことはないけれど、脇を締めて撮れば良いだけといえばそうだし、そもそもISO409600まで上げられるわけだから、手ブレの心配はあまりない。それよりもコンパクトさの方が大事。今だいぶ中古も値下がってきているから、サブでもう1台持つのもアリかもしれない、なんて思ってしまう。でもカメラは1台あれば十分だな。壊れたらまた買おう。

ありがとうございます◎
4

mth6

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。