見出し画像

明日私は、鹿児島の人になる。

人生は、わからないものだ。
44歳で、鹿児島移住をすることになった。
夫は福岡に置いていく。愛犬のむぎは連れて行く。

すべては「家族で過ごす楽しい老後のため」。

縁もゆかりもない鹿児島に、2年と半年通い、ご縁ができた土地で、働きながら夫を待つ。
なんかいい話に聞こえてしまうが、実は今、不安 90パーセント。

でもいつか、こんな日があったなあと笑える日が来る気がしています。
そんな期待を込めて、note、始めます!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

伊藤明子@ウミナリ

東京生まれ東京育ちの私と、愛犬むぎ。 夫の「将来は鹿児島に帰りたい」をかなえるため、2019年7月、先回りして移住。 住む家は築70年の古民家、周りは民家がポツンポツン。 はっきり言って虫は苦手の私と、都会っ子むぎのローカルライフ。いったいどうなることやら。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。