「働かなければ生きていけない」がそもそもおかしい

6月3日に開催したオフ会の気づきの記事を前回書きました(オフ会開催&「つながり」の大切さの記事参照)。前回の記事には取り上げなかったけれど、重要なテーマとして挙がっていたのが「働く」ということについてでした。私のnoteを読んでくださっている方の多くの方がこの「働く」ということについて興味があるのではないかと思います。これまでを振り返ってみても、学生時代から今までの10年余りで自分の中の「働く」ことに対する思想や価値観は大きく変わってきているように思います。

世の中のことを知るようになって一番おかしいと思っているのが、「人間はなぜ働かないと生きていけないのか」ということです。人間以外の動植物には「働く」という概念はないですし、彼らは必要以上に自然や他の動物を傷つけることなく、調和的に暮らしています。人間は知性が発達していて、しかも現代は「高度に文明化した」社会を生きているそうです。それでもまだ、「分かち合い」をベースとした社会を築けていません。物質的には豊かになっても心は貧しいまま、ブラック労働により心身を病む人が後を絶たず、環境を破壊し、食べ物は廃棄し、税率は高まり、貧富の差は広がるばかりという惨状です。

以前に「雇用のための過剰生産現象」を感じる今日この頃という記事を書いたことがありました。あらゆる産業において、生活するためのお金を得るために雇用を生む必要があり、過剰に生産し、環境を破壊し、売れ残りは廃棄するという悪循環に陥っていると思います。公共事業も雇用を生み出すために行われる側面はありますし、人工地震説の一部の論では、地震を起こして復興すると建設業界が儲かる…というような話も耳にしますね。また、これからあらゆる産業がAIなどによって自動化していった場合、よく言われているような「AIに仕事を奪われる」事態も起こってくることと思います。生活のための仕事がなくなるという意味ではピンチですが、人間がやらなくていいならそれでいいじゃんという風にも思います。

「働いてお金を稼いで生活する」という概念があまりにも当たり前になっていて、あまりそこに疑問を持つ人はいないのかもしれませんが、私は「そこがそもそもおかしい」と思ってしまいます。誰しもが働かなくても最低限の生活が保障されているのが、知性を持った人間の「高度に文明化した」社会のあり方ではないかと思います。もし働かなくても最低限の生活が送れるようになるのであれば、世にあるブラック企業の多くは倒産するでしょうし、必要な仕事しか残らなくなると思います。最低限の生活では嫌という人ややりたいことがある人だけお金を稼ぐために働けば良いし、働くとしても週5フルタイムが基本という形は崩れそうです。生活が保障されていれば人々の心に余裕が生まれ、荒んだ心の人が減りそうですし、お金にならなそうなことも堂々とやれるようになり、文化や芸術が興隆しそうです。

こんなことを書いている私自身、家族4人(両親とおば+うさぎ)で3人がっつり働いていて、ありがたいことに現在の私は全く働かなくても生きていける状況にあります。物欲もなくミニマリスト気質なので、交通費と本代と個人の食費くらいしかかかりません。私個人がそういう家に生まれたために現在のところ生活に困っていませんが、もしすべての人がお金のために働かなくても生活していける状況になったら、いよいよ本当に「「働く」って何だろう?」と思うと思います。それに付随して「お金って何だろう?」「人生って何だろう?」「人間って何だろう?」という話になるんですよね。今の私はまさにそんな感じで、日々そんなことを思案しています。現代の社会においていかに働くか、ということも大事ですが、すべての人が働かなくても生活に困らない社会のあり方を考えることも大事だと感じます。一部の支配層が富を独占していることが諸悪の根源であり、彼らが善良な良心を持っていればこんな社会にはならないはずです。だからこそ支配層や悪の組織、彼らの思想を学ぶことに夢中になっている部分はあります。「働かなければ生きていけない社会」というのは、絶対的なものではなく、大多数の一般庶民への根深すぎる洗脳だなと感じますね。

6月17日(土)オフ会やります~→オフ会・イベント情報

note過去記事一覧はこちら

ホリスティックな健康をサポートするGreen Cosmoのページはこちら

「note見た」で友達申請→村上遥のFacebook

Twitter再開しました!→Twitter

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

82

村上 ハルカ

1987年生まれ。2015年に突然市役所を退職。ホリスティックな健康をサポートする「Green Cosmo」サイト運営しています。資本主義の次は共同創造・個人の時代。FB友達申請お気軽に。サイトhttp://muraharu.com

コメント30件

働く=社会貢献。生きていく上での対価(現金)を稼ぐ事。と私は定義しているのですが、彼らは現金を稼いではいないので働いてはいません。又、人間はお金というツールを発明したからこういう世界になったわけで、獲物を得る、という観点からみれば働いていない生物はいない、という事になります。

ホームレスは”プライド”を捨てる事ができれば快適な生活”らしいです。特に日本では。(昔芝居などをかじっていた手前、得た情報です。ホームレス役についた人が役作りのため一ヶ月くらいのホームレス生活して、ホームレスの人と話をしたのだとか。)極端に寒くも暑くもならないし、食べ物は豊富にあるし、ラジオやテレビも手に入る。そう、既に恥じ入るということを捨てた人達です。
>とみはじめ さん
※前回、敬称失念しました。失礼を謝罪します。
 動植物と人間の生き様は「システムの違い」に過ぎません。逆に言えばアリやハチなどは、個の犠牲により「集団の維持」を行うという、まさにそこだけを見れば人間と同様の生き様を持つ存在だってあるのですが、それはどう見るのか?という話になります。また、獲物を得ることが等しく労働だと云うなら、自分が生きるために『他者破壊』を行う事を肯定するわけであり。酪農や狩猟調整を行う人類とは全く違います。

ホームレスの生き様の説明をしているだけでは、『働かなくていい社会』の肯定は出来ません。私は『働きたくないなら、社会が与えてくれる全ての利便性から自立せよ!』と申しているわけです。故に無人島にでも行け!と申しています。何故なら、そこには『(己は働かず)社会の与えてくれるモノは享受したい』という図々しさがあるからです。これは『搾取』です。
 恥もプライドも捨てて『搾取』のみしたいというのが『正論』なら、それこそ社会は維持できなくなります。
私は働かなくても良い社会を肯定しているわけではありません。むしろ否定派です。ただ働かなくても生きていける環境として(近い環境として)ホームレスを上げているだけに過ぎません。プライド捨てればすぐになれますよって。他、無人島、大富豪等あげられますが。最近ではたまに話題にあげられるごみ屋敷住人も働いてない方もいますね。働かない世界は原始時代の生活になると思います。
働いてないと自己評価がドンドン低くなり、暇だけは過剰にあるからろくな事は考えないなというのが私の個人的な見解です。
>とみはじめ さん
>むしろ否定派です。
それは失礼しました。
ただ、ホームレスや大富豪が働いていないというのは実際は誤解なんですよ。
 ホームレスがゴミ箱を漁る、またゴミ箱を探すという行為…これは非常に付加価値の低い労働(仕事)です。
 大富豪にしても、我々庶民の目線で働いていない様に見えて、実は高いところで管理・監督という立派な仕事をしているのですよ。大勢の人を使っているわけですから。
でないと財産は維持管理・投資運用なんかできないのです。
これは非常に付加価値の高い高度な労働なんですが、底辺の人達には理解できないんだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。