夢と仕事を分けて考えてみる

夢があるって、とっても素敵。

夢を持っている人は、キラキラしているし、ポジティブだし、何だか輝いていて良いなぁと思います。

ただ、夢を持つ人にとって悩ましいのが、夢と仕事を結びつけることではないでしょうか。。

「夢ばかり見てないで、ちゃんと現実を見た方が良いよ」

こういった厳しい言葉を掛けられることも、あるかもしれません。

そんな時、一度夢と仕事を切り離して考えてみるのはどうでしょうか。

よく思うのが、夢は自分がやってみたいもの、仕事は人の役に立つためにあるもの、ということです。

「好きなことで生きていく」
最近、自分のやりたいことだけをして生きていく方が、理想とされています。

でも、初めからそういう生き方をする、というのは、ハードルが高いのかなぁとも思うんです。

だから、まずは夢と仕事を分けて考えてみる。そう考えると、夢と仕事って割とたくさん出てくる気がしています。

そして仕事をする時は、お金を稼ぐことや自分の評価を考えるんじゃなくて、人の役に立つことを考えながら行ってみる。

人の役にたった時、掛けられる"ありがとう"という言葉。

私は、この言葉は、仕事をする上で一番の活力になる言葉だと思っています。

夢は夢として描きながら、今自分が出来る最大限の力を発揮して、小さな"ありがとう"を積み重ねていく。

その積み重なった"ありがとう"が小さな山を作った時に、

「もう少し大きな山を作ってみたい」

という新しい夢にも繋がるんじゃないかな。

"ありがとう"を積み重ねていく夢って、自分がやりたいと思っていた夢よりも、大きな大きな力を発揮すると思っています。

例えば、自分一人だとコンビニでご飯を済ませようとしがちですが、誰かのためだったら美味しい料理を作ってあげたい!となるもの。

そんなように、自分だけのためだったら面倒に思うことでも、誰かのためだったら、面倒とは思わずに自然とやってあげたくなると思うんです。

***************

ただ、"ありがとう"を積み重ねる夢って、積み重ねるのに時間がかかってしまうから、中々見つけにくいもの。
だからこそ、まずは目の前に与えられたことを一生懸命やってみる。今自分ができる最大の力を発揮してみる。

(もちろん自分にその仕事が合っていないと思った時は、たくさん環境を変えながら、置かれた環境で力を発揮してみるのが良い気がします)

そうして苦労して見つかった夢って、自分がやりたいと思っていた夢よりも、遥かに価値があるはず。

私も、自分のやりたい夢だけじゃなくて、"ありがとう"を積み重ねていく夢を沢山もてるようになるといいなぁ。

#エッセイ #コラム #日記










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただき、ありがとうございます…!サポートいただいたお金は、大好きな抹茶のお菓子代に回します( ´ ▽ ` )

ありがとうございます(*^▽^*)
16
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。