【私はわたしに生きる魔法をかけたい。トークショー3日目】ごとうゆりか × 長井短 × 根本宗子

3日間にかけて行われた「私はわたしに生きる魔法をかけたい。」最終日となる3日目は、今回個展の劇で初の一人芝居として参加した長井短を招き、根本宗子と3人でトークショーが行われました。

ごとうゆりか(以下、ごとう) 3日間終わりましたね。

根本宗子(以下、根本)  終わりましたね。あと明日を残すのみで。

ごとう 明日ね、一時間しか会場空いてないの(笑)
朝の12時から13時まで。

根本  そうそう、毎日イベントをやっているんです。
ゆりかちゃんとコラボしたイベントを。イベントばかりで、ほぼ個展やってないよね。(笑)

ごとう 流動してる。もはや個展なのかわからない。(笑)

左から根本宗子、ごとうゆりか、長井短

根本  企画書もらった時に言ったもんね、これ個展いつやるのって。

ごとう 本当は午前中からこのイベントやろうとしてたんだけどね。展示みる時間無いからもう無理だよってことで夕方の時間に変更したけれども。今でも入れすぎた感ある。

根本  でも最後までこれたね。あと1日だからね。

ごとう 皆さんありがとうございます。

根本  今日は長井さん喋るの?

長井短(以下、長井)  うん…(沈黙)

一同(笑)

ごとう え、どうしたの(笑)

長井  前の2日間は芝居の後にはライブがあったんですよ、それで盛り上がってからトークだったんですけど。

根本  昨日まではトークメインじゃなかったからね。今日はゆっくりトークの時間ということで。ちなみにね、今回劇をするにあたって、長井さんに主役をやってもらったのはゆりかちゃんのご指名なんですよ。
ゆりかちゃんから個展に合った劇をやって欲しいっていうオーダーがあったときはここしかエリアがないから、一人芝居しか無理ですよって言って。
普段私の芝居に出ている方のなかで、誰が良いかなって言った時に長井さんを推してくれて。

ごとう ね、スーパーマーケットアイドル?長井さんが出てて。
会場の方、見られた方いますか?

(※会場から手があがる)

ごとう すごい役でしたよね!
むちゃくちゃ笑って、この人やばいなと思って。それがとても印象的で。

長井  ダンスがね…

根本  ダンスできないもんね。

ごとう あ、長井さんファンファーレサーカスのオーディション落ちたんですよね。

一同(笑)

長井  昨日もバラされたー!(笑)

ごとう 一人一回制度で。

長井  もうみんな知っちゃってるでしょ。

■「会いたかったから呼んだんだ。」

根本  今日さ、顔に汗がすごくて星がくっつかなくてさ。これ全部くっつかなかったらどうしようと思ってたけど。
くっ!って無理矢理貼った。

一同(笑)

根本  脚本では、元々メイクさんがメイクをしてから魔法が使えるっていう設定だったんだけど、メイクさんに頼んだら、絶対やだって(笑)
だから私がやることになったんだけど、私が出来ることといったら星を貼り付けることだけ。

ごとう 両面テープ?

長井  うん、もう外してもいいかな(笑)

根本  でもなかなかこんなしっかりしたメイクをすること無くて。

ごとう そうなんだ。

根本  そう、今回みたく毎日メイクさんがいることはあまり演劇にはなくて。最初だけメイクさんがやってくれたりはするんだけど、途中からは自分でメイクしたり、髪型だけは一人じゃ難しいってやってもらったり。
基本はいないですね。松たか子さんとか、石原さとみさんとかのレベルになるといるのかもしれないけれど。

ごとう  あ、でもアイドルの友達も自分でメイクしたほうが、逆に良いって言ってた。自分のほうがわかるって。

根本  そうだよね、その日の顔の状態もあるから。
私はそんなこだわりはないけど。私達も普段自分でしかやらないから、こんなにメイクやってもらえることもなかった。

ごとう 単純に世界観を表現したかったのと、ヘアメイクさんにずっと会いたかったんだよね。(笑)YUUKさんって方なんですけど。

根本  長井さんともモデルの仕事で面識がある人でしたよね。

ごとう  ボシュプルメットってブランドの時にヘアメイクをお願いしていて。

根本  会いたかったから呼んだんだ。
でも長井さんで良かったと思って。似合う人が限られるメイクだから。

ごとう  ね、似合ってる。もっとピエロっぽくしたかった!なんか魔法っぽい。
この髪型もなかなか似合わないよね。

長井  毎日やってくれてるから、大女優になった気分。
台本読んでるとできてる。

根本  普段すごい用意すんのがめんどくさいんですよ。
なるべく、よそのお芝居に出たときは、メイクが楽な役になるよう、祈るぐらい。
すごい髪を巻くやつとか、全部自分でやらなきゃいけないから、一人だけ一時間前くらいから巻き始めなきゃいけなくて。すっぴんみたいな役の人はぎりぎりまでコンビニ行けたりするのにさ。大変だよね。

ごとう 私この格好でコンビニとかスーパーとか行ってるけどね。

根本  いや、それはゆりかちゃんだからでしょ(笑)普段からこういう感じじゃん。だって動物の尻尾みたいなのがついてる帽子とかを被ってお茶とか来るんですよ。
でもお二人なら似合うからいいですけど。

ごとう、長井 (ドヤ顔)

根本  あ、聞いている人がいるんでなんか喋ってください。

一同(笑)

■「今回の劇はちゃんと葛藤があるっていうか…」

根本  個展イベントやってみて、どうでした?

ごとう ねもちゃんの劇ってシュールだなと思ってて。社会的な目を嘲笑ってプラスに変えていけるような力があって、自分に足りないところを持ってるなって。
私って、考えちゃうと「はぁ…」ってずっと考えちゃうから。そういう部分が自分にあったらなぁと思って。単純にファンだったし、お願いしたかったんです。

根本 もともと隣の部屋に飾られてた絵本を元に作品を作るって話だったんですけど、みんなもらったものは一緒で、出来たものがそれぞれ違うっていう

ごとう 言葉だけだったのね。

根本  絵がない、言葉だけのこういう内容の絵本をつくりますよって。

ごとう 私は絵でその文章を形にして。

根本  そう、でもこのゆりかちゃんが作った題材の作品を3日間見せるっていう個展なのに、ゆりかちゃんが作った絵本を飾っている部屋がこのイベントのときは閉まっているっていう。手前に飾っとけって声が聞こえてきそうで。(笑)

長井  絶対見たいですよね。

ごとう そういえば怒られたね。無謀だって。

根本  誰に?

ごとう 仕事関係の人に。

根本  でも、もしかしたら絵本は出るかもしれないってことですね。

ごとう うん、なんとか話を進めてはいます。

根本  死にたがりな女の子っていうテーマなんだっけ。

ごとう 「生きてていいの?生きてて大丈夫」っていうテーマで。
泰葉ちゃんはこんな重大な問題抱えきれないって。
長井さん演じてみてどうでしたか?

長井  演劇の世界に没頭していて、なんか根本さんのところだと、「いえい」って役じゃないですか。
今回の劇は、ちゃんと葛藤があるっていうか。

根本  いや、葛藤あるよ。

一同(笑)

根本  スーパーマーケットアイドルなんて葛藤だらけじゃない。

長井  …♪

根本  あ、外人のふりしたな(笑)
でも今回みたく、一人の演劇だと、全部やんないといけないというか。
基本的にいつも演出するときには、自分の役のことは説明しなくてよくて、他人がセリフで言ってくれるからで。でも一人の演劇だと全部やらなきゃいけないのよね。最初にいっさい自分の役を説明しないスタイルでやろうとしているんから、違いますよ。
もう…笑顔の無い稽古場。

長井  「しゅん…」みたいな。

長井  五分後にもっかいくるからって。はいって。

根本  確認するからって私がべちゃくちゃ喋っちゃだめでしょ。

長井  まぁね。

根本  でもすごい集中力だよね。20分て短いなって思うけど、やると長いよね。ずっと喋ってるし。

ごとう 一人だけど全然世界観があった。

長井  服にも助けられたと思う。

根本  ゆりかちゃんが作ったネグリジェ。
これは売ってるんですよね。

ごとう うん、受注販売で。
絵本に男の子と女の子が出てくるんですけど、それとリンクしてて。

根本  気になる方は是非ごとうさんに。


■「ゆりかちゃん、絵本が似合うよ」

根本 なんかまたやりたいですか?
個展って何もやらない人もいるじゃない。

ごとう 個展自体は1年に2回やりたいなと思ってて。
今年11月銀座のヴァニラ画廊さんでもう一回やるんだけど、そこではもうグッと感情の深いところを表現したいなと思ってて。来年もこういう個展とイベントがやりたい。言っとくね、やりたいって。(笑)

根本  長井さんもういいって言われるかもよ。(笑)

ごとう いやいや…、ちなみに有馬さんどうだろう?

根本  有馬さんはだめ。有馬さんセリフ覚えられないから。

長井  え、でも劇のとき結構しゃべってたよね。

根本  しゃべってたけど、おとぎ話の人たちはラッキーなことに、バンドとしての出演だから前に譜面台があるの。譜面台に台本おけるから危ないセリフは置いといてくださいって。
ただセリフは覚えてたけど本番は弾くのと両立するのが難しいみたいで。普段ライブとか煽るとかはやるんだろうけど、セリフがあるわけじゃないし。お芝居としてやるのは大変そうだった。

ごとう ファンファーレサーカス楽しかった。

根本  そう、ファンファーレサーカスのディレクションをゆりかちゃんにやってもらったんですよ。お芝居の中の「君の言葉が気になる」って突然SNSのDMで来るっていうのは、実話で。ゆりかちゃんから本当にきたんですよ。
全く面識が無いときに「ねもちゃんの言葉なんか気になる」ってDMできて。
「怖っ!」て思って。

一同 笑

根本  で5分くらい経ってうざいなら返信いらないですってきて。
返信しないわけにはいかないし、もちろんうざいとは思ってない、びっくりしたけど。
偶然にもちょうどファンファーレサーカスのビジュアルを決めなきゃいけないときで。
ゆりかちゃんの世界観も見せてもらってはっきりイメージできたからお願いすることにしました。

ごとう ポスターも後ろに飾ってますけど、なんかみんなの顔が見られるようにってオーダーだったよね。

根本  特に私から指定していないんだけどね(笑)

私、自分が出なくていいと思ってて「ねもしゅーの○○」っていうのが基本で。ただ大森さんの時は2人で出ちゃったから出といたほうがいいってことだけど。4人が均等なとことかはちょっと政治的な匂いもする(笑)

ごとう そうなんだ。でもあのポスターの中で劇中の関係性っていうのも表現したいと思ってて。脚本はできてたの?

根本  あの時は途中まで。元はもちろんできていたけど曲をおとぎ話さんに書いてもらわなきゃいけなくて。歌詞が決まった後で、そこから組み立てていくようにして。

ごとう 私ね、ファンファーレサーカスの舞台を見に行ったとき、頭の中に絵本書きたいなっていう願望が凄くあって、私はそれともリンクしてた。

根本  パンフレットもね、ぽい。

ごとう 絵本って、言葉と絵がうまい感じでこうなんていうか調理されているから、いいなってずっと思ってたの。

根本  ゆりかちゃん、絵本が似合うよ

ごとう 絵も子供向きじゃないんだけどね

根本 絵本って子供だけが読むもんじゃないからね。

では質問コーナーにしましょうか。


−−君の言葉が気になるって台詞は「ヘビーシャビーガール」って映画とリンクしているんですけど関係はあるんですか?

根本  あっ、そうです。「ヘビーシャビーガール」って東佳苗ちゃんが書いてる映画があるんですけど、そう、その映画の脚本書いている時にあのゆりかちゃんからのDMきたの。佳苗ちゃんは佳苗ちゃんでやりたいことがめちゃめちゃあって。どこが一番見せたいか決めようって話したときに、ふたりの女の子の関係性を書きたいって決まって。それを、SNSで表現したいなってことになって。
「君の言葉が気になる」ってしっくりくるなってことになったんですよ。

ごとう 君の言葉が気になるって凄い台詞だよね。

根本  まさか、その時ゆりかちゃんと作品を作るとは思わなかったから。
でも私、いいと思ったらすぐ採用するから。
昨日さ、劇やったあとから、
有馬さんがあの彼氏役のモデルなんじゃないかって。

(※注 トークショーの前に行われた劇では、長井短演じる主役の女の子がSNSを通じて知り合った彼氏に翻弄される役を演じている。)

ごとう 昨日も言われた。(笑)

根本  ぜんぜん違うのにね。

根本  凄い、その人みたいな感じでさ、
初日は泰葉ちゃんだったからそんな感じがしないじゃない。でも二日目有馬さんだったから気まずそうな感じで。
なんかお芝居とセットで面白かったなって思って。

ごとう  面白かった。(笑)
あのDMは、すごい印象に残る言葉を刻んだなと思って。

根本  普通の人はさ、初めましてごとうゆりかといいますみたいなぁ、自己紹介とか無くてさ。

長井  根本宗子のメールアドレスとかさ、あるじゃない。それでは送らなかったの?

ごとう メールだとちょっと怖くて。
感覚的なものが大事じゃない?なんかこの人が好きって思ったら、
「好きです」て言っちゃわない?

根本  ないです。

一同(笑)

長井  なんかあるかも

根本  いや、長井さん絶対ないよ。DMとか出来ないタイプだもん。

長井  それはそうだね、きもいって思われるから(笑)無理無理。

根本  そこに宛書したところもあるかもね。
ゆりちゃんにもらった言葉と台詞は、長井さんに合わせたところもある。
ネガティブ志向で、あと妙にリアルでお客さんに引かれるってところ。

ごとう リアルであんな感じ?魔法使いになりたいって言ってたよね。

長井  それはそうで。でも悩んだり考えたりすれば、人として成長するんだと、私がもし魔法使いだったたらって妄想のほうに移行してしまう。
劇の主役は創作のほうに向かったけど、
私はおジャ魔女だけ歌って、何もない。

根本  悲しい。私は本を書く、メンヘラ。ゆりかちゃんも書くタイプだよね。

ごとう 私は書くねぇ。描くし。長井さんは歌って終わっちゃう。

根本  あれ、ちなみに肩書なんて書いてる?女優さん?モデル?

長井  いま女優先に書いてるはず。結構どうでもいいんですよ。

根本  マルチタレントみたいな。

長井  まぁねぇ(笑)

ごとう ぶっ飛んでますよね。

長井  そんなことないですよ。

ごとう なんか劇の前は魔法使いの棒をずっとさすってて

根本  緊張しないようにしてたんだね。
持ってきてもらっていいですか。

長井  はい。

ごとう 魔法をかけて、皆さんさようならってやりましょ?

長井  まじそういうのやめません?(笑)

一同(笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

告知

ごとうゆりか11月個展開催。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

music&art

『ねむいねむいね』