Mutsumu Nakajima

WastedTime下北沢店主。飲みに来てください。主に音楽関係。ライブブッキング・音楽プロデュース等運営中。音楽制作経験者ですが、ミュージシャンじゃないです。

竹内まりや『Miss M』LAレコーディングこぼれ話。

2018年11月、竹内まりやデヴュー40周年記念として、RCA時代のアルバム5作品が随時リマスター+ボーナストラック付きでのCDリイシューがスタートしました。以前からその時期のリマスター盤はファンの間で要望が多かったのですが、今回ようやく実現したわけです。

中でも4thアルバム『Miss M』は当時絶頂期のTOTO/エアプレイメンバーでのLA録音曲が5曲収められており、リマスター盤を望む声が特に

もっとみる

温故知新シリーズ【ウエストコーストロックの名曲たち】Vol.1(#1~#10)

お店などで「ウエストコーストロックが好き」という話をすると、それ何?って顔をする方たちが増えてきた気がします。
若い子たちは仕方ないにしても40代あたりにも広がっている感じ。
ここらで「ウエストコーストロック(サウンド)」とは何かって事を、彼らの代表楽曲や名曲をお聴かせして、その素晴らしさを伝えるのもありか、と思ってきました。

この記事は筆者のFBで、ここ最近随時アップした投稿文を、加筆修正して

もっとみる

<WastedTime下北沢>開店へのLong and Winding Road.

下北沢への思いは今までも何度か書いてきましたが、改めてシモキタが自分自身の「原点」である理由と、今回はそれに加えて現在のお店を見つけるまでの顛末を・・。
個人的な内容に終始しますし、無駄に長文・駄文ですので、それでもご興味のある方はお暇なときに。

「下北沢の発見」

1976年3月、僕は大学二年次に東京に戻り下北沢に移り住みました。
シモキタを選んだそもそもの理由は些細な事でした。
最初は家賃も

もっとみる

勝手な音楽年代記1950~2010

<1950年代> 
 米国の音楽産業はLPレコードとシングル盤という最新武器を市場に投入した。大戦後、大衆の新たな娯楽として映画と共に音楽産業の快進撃が開始された。音楽は保有される物となった。
そして新たな地平となるラジオ放送の娯楽化が各地で始まり、世界のレコード市場は「大いなる助走」を始めた。
白人の「ポップス」黒人の「リズム&ブルース」が主な牽引力となった。
さらに人種の壁を克服する「ロックン

もっとみる

アメリカン「ハードポップロック」ヒット楽曲の系譜。

例によって非常に個人的で主観的な定義による記事です。
「ハードポップロック」なるジャンルは実は存在していません笑。
ただ僕が勝手に思い込みでカテゴライズした、ほぼ「楽曲単位」の選択です。

また英国にも「ハードポップロック」と見なされるバンドやヒット曲は多々ありますが、今回は個人的な嗜好でアメリカに限定して選びました。

メロディやサウンドに「ポップ感」が多少なりともにじみ出てると感じた米国ハード

もっとみる

WastedTime下北沢のオーディオシステム等に関する雑文。

去年の6月にオープンしましたBar WastedTime下北沢。
おかげ様で様々なお客様がご来店頂いております。いつも本当にありがとうございます!
さて、このお店はロゴにも「with Good Music」とあるように、お客様に音楽も楽しんで聴いて頂ければ、店主喜び庭駆け回るバーなんです。

今回はWastedTime下北沢のオーディオシステムや音楽環境の側面を、店主の「自己満足的価値観」満載で書

もっとみる