タオルを五感で味わう日

【終了報告:タオルを五感で味わう日】
昨夜、東神田にあるモラルテックス・ラボさんにて、タオルを味わい尽くして新しい価値を生み出す、というイベントを開催しました。

モラルテックスさんはタオル問屋さんですが、3代目のご兄弟が新たな取り組みとしてカフェ併設のラボを立ち上げました。
mutual labがワークショップ会場としてよく使用する場所にほど近く、偶然立ち寄ったことがきっかけで実現したイベントでした。

タオルはどの人も毎日使うもの。
だけど、意外と意識的にタオルを選んだり、比べたりしていないんじゃないか、という話が打ち合わせで出てきて、ならば2時間たっぷりタオルを感じてもらえるイベントにしよう!ということになりました。

モラルテックス・ラボに常時展示している3種類のタオルについて、触り心地や雰囲気、存在感などをできるだけ出していただきます。
その後、タオルごとに担当グループを作り、出た情報をもとに担当のタオルのことだけを考えてもらいました。
どんな人に使ってほしいタオルなのか、それはどんなシチュエーションなのか、このタオルのキャッチフレーズは、などなど。

企画時には、最初の「タオルを感じる時間」でそんなにたくさんの感覚情報が出るのか心配していた部分もありましたが、出るわ出るわ!
皆さんの感性がスパークしていました。

また、「どんな人に使ってほしいか」「どんなシチュエーションで?」というところは、Points of You®︎を活用。
Facesという人の顔だけの写真カードから「使ってほしい人」をイメージして選んでもらい、最終的にはグループで1枚のカードに絞り込んでもらいました。
シチュエーションはコーチング・ゲームという写真カードで同様に。

できあがり例はこんな感じ。

こちらは「モラルテックス・オッキデ」というタオル。
https://www.moraltex.tokyo/product/
触り尽くし、感じ尽くして話し合った最終イメージは「ホテルのような高級感」。
世界中のホテルを知り尽くした国務長官のような人が、まるで「モラルテックス・オッキデ」のバスローブにくるまれたようなディスプレイで最終発表をしていただきました。

他にはこんな成果物も。

こちらは「モラルテックス・ミディ」というタオル。
薄手のためか、「3つの中で一番インパクトがない…」という感想をお持ちのメンバーもいたようです。
しかし触り続けるうちに、普段使いができるのに「実は」上質、という価値を見出し、30−40代のモノにこだわりを持つママさんをターゲット・イメージとした、こだわりのポスターができあがりました。
フタを開けてみれば、3代目若旦那が最も思い入れているタオルだったことが判明。
このワークのプロセスや結果が、新たなプロモーションにつながればいいなと思いました。

五感を総動員していただくために、Points of You®︎が大活躍してくれました。
それぞれが感じるイメージを写真カードに乗せれば伝わりやすく、さらなるイメージの深化もサポートしてくれているように見えました。
元々はコーチング・ツールなのですが、使い方は無限大。
参加者からも「管理職研修に使えますか」「アパレルでもこういうことをやって見たいのですが」といったお話が出ましたが、いかようにも応用可能だと思います。

既存の形にこだわらず、新しいことにチャレンジしてみることで見える世界がある。
そんなことを体験させていただいた夜でした。

▼モラルテックス・ラボ▼
https://www.moraltex.tokyo/lab/

▼モラルテックス・ラボの次回イベントはこちら▼
「個人メディアから学ぶsnsを活用したファンのつくりかた」
https://www.facebook.com/events/152278232114763/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

明日もいいことありますように
1

Chisa(mutual lab)

おたがいさま、で生きる道

選ぶこと、食べること、はたらくこと、生きること。 「mutual=おたがいさま」の気持ちでやってみる。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。