私的国語辞典_表紙絵2

私的国語辞典~二文字言葉とその例文~ セレクション40『窯(かま)』


前項目次次項


セレクション40『窯(かま)』


男は窯の前で静かに佇んでいた。 
根路銘と呼ばれるその男に着いて来てはや3週間が過ぎたが、彼はただ器を焼いて過ごすのみで、俺に技術を教えてくれる気配すら見せない。 

「……焼き物はな、おい」 
窯の口を見つめながら、彼が呟くように話し始める。 
「殺しと同じだ」 
彼はゆっくりとしゃがみ込む。 
「ただ何でもかんでもやりゃあ良い、ってもんじゃないんだ」 
そしてじろり、と俺を見る。 
「解るか、次郎」 
彼に問われ、俺は黙って首を振る。 
「解らんか。だが、いずれ解る」 
彼はそこまで話すと、再び窯を見つめる。 
俺は何と言って良いのか分からず、ただ黙って彼を見つめていた。 

「仕事だ、次郎」 
しばしの静寂の後、彼は静かに俺に告げ、懐から一枚の写真を取り出した。 
そこには、ジャガーから降りてくる如何にもその筋っぽい男と、水商売風の美人が写っている。 
「女はお前が一人でやれ。男は俺がやる」 
彼の言葉に、胸の奥の暗い何かが、奮えながら上半身を痺れさせていく。 
「次郎、お前の初めての仕事だ。忘れるな」 
俺は次第に強くなる身体中の痺れを必死に隠し、無言で小さく頷いた。 

(455文字)

『窯(かーま)』
《「釜」と同語源》
 1 (窯)陶磁器・ガラスや炭などを作るときに、素材を高温度で焼いたり溶かしたりするための装置。ふつう耐火煉瓦(れんが)で造る。
 2 (竈)かまど。
 3 《自分の領分の意から》仲間。味方。
  「かう云ふ女郎は、…こっちの―にすると、又よき事あり」〈洒・四十八手〉

(大辞林より引用)

この続きをみるには

この続き:0文字

私的国語辞典~二文字言葉とその例文~ セレクション40『窯(かま)』

ならざきむつろ記念館

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21

ならざきむつろ記念館

2015年5月7日に開館しました。ならざきむつろはこの中か、居なければmixiに居ます。

私的国語辞典 Vol.1

あ行から順に二文字を選び出し、その例文を作っていくというプロジェクト『私的国語辞典』をまとめたマガジンです。

コメント12件

ハードボイルド で エロっちい ~ Vシネ ! うわぁ~!   (笑)
Ma Deva Shaktiさん~エロっちい確定っすか(笑)
(ふむふむ…)
松本いおりさん〜ちなみに彼は、「紫陽花〜」にも出てる彼です( ´ ▽ ` )ノ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。