ビクスビ夫人に宛てた書簡(1864.11.21)

拝啓 陸軍省の書類綴りのなかにありましたマサチュセッツ州軍務局長の報告書をみまして、婦人が名誉の戦士をされた五人の令息の母上であることを知りました。かくも大いなる損失の悲しみに打ち沈んでおられる貴女をお慰めしようとしても、私の言葉はどんなに力弱く甲斐ないものとなることでしょう。しかし私は、五人の方が命を捧げて護られた、わが共和国の、捧げる感謝の言葉を、あなたの慰めとなりうるかと存じ、申し送らぬわけに参りません。願わくは天にいます我らの父が、肉親を失われた貴女の悲しみを和らげ給わんことを、失いし愛し子の、よき思い出のみを貴女に残し給わんことを、また自由の祭壇にかくも価(あたい)高き犠牲を捧げたため、あなたが持っておられるにちがいない厳かな誇りを、あなたの胸に残し給わんことを。 敬具

エイブラハム・リンカーン

マサチュセッツ州ボストン市

ビクスビ夫人

-----------------
【解説】

南北戦争時、5人の息子を亡くした(いずれも戦死)母親にリンカーン大統領が送った手紙。映画『プライベートライアン』に引用されて有名になった。

母親の気持ちをおもんばかるリンカーンの性格がよく出ている手紙であり、果たしてヒラリーやトランプにこんな手紙をかけるのかと思うととてもイメージできない。安倍総理もちょっと想像できないかな。

一国の指導者は時に人の子を戦地に送り込む力をもっている。リンカーンの治世「別れたる家は立つことは能わず(2つに割れた家は崩れてしまう)」という強い思いをもって、いくさによる解決をおこなったが、結果としてその大義である「自由」のために総計70万人もの人々が亡くなった。

国家というものは本来、人民が権限を移譲して作った機構である。その移譲して作ったものが時にその人民の生命を奪うことが起こるが、そうならぬよう我々はその行く末を見定めてコントロールしなければならない。

なるべくnoteでは楽しい話を書きたいのですが、ちょっとメモがわりに使いました。本文の引用は岩波文庫の『リンカーン演説集』です。

5

渡辺みっちぇる

パンドラの箱をあけたら子供のおもちゃが入っていました。編集・執筆しながら政界の末端部分で生きています。綺麗な表現/男の生き様と葛藤/政局・選挙/昭和1ケタのどんづまった雰囲気/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。