20代の女性のパンツについて考えた。

日本中の男性は、大筋で20代女性のパンツが好きである。

本当は「世界中の男性が〜」と書きたかった所であるが、バヌアツ共和国やウガンダなどの事を全く知らない私が断言するのも憚られると思ったので今回は日本に限ってみた。

また「大筋で〜」という部分も断言したい所ではあるが、「老女のパンツが好き」というコアユーザー目線まで含めて語るとなるとまた色々とニュアンスが変わって来るし、「幼女の〜」という方には取りあえず一切関わりたくないのである程度の幅を持たせた。

かように「女性」となると色々な幅も出て来てしまうのでここではあえて「20代」と限定させて貰った。

「20代の女の子のパンツ見れるんだけど、見る?」

こう問いかけられて、断る事が出来る男性がどれだけいるであろうか。

社会的地位や倫理、道徳、羞恥心などのフィルターを外した場合、ほぼ100%近くの男性が「イエス」と答えるであろう。

だが世間でも言われている通り、パンツとは「布」である。

それ以上でもそれ以下でもない。

ある女性に

「男性から見て、女性のパンツってそんなに見たいものなの?」

と問いかけられた。

その深みのある問いに少し怯みながら向かい合ってしばし考えて出た私の結論。


それは「女性のパンツは虹である」という事だ。


虹。

それは美しい。そして、儚い。

けれど「どうしても見たい!」という程のものではない。

しかし、いざ「見たい」という気持ちになったからといって簡単に見れるものではない。

時間や天候など、様々なタイミングに大いに左右される。

そんなタイミングの障害をかいくぐってもしも見る事が出来たならば、少し幸せな気持ちになる。

決して布だから見たいわけではないのだ。

その朧げな存在感に心を惹かれているのだ。


美しき哉、人生。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

Takashi Endo

考えた

日々考えた事をここに書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。