大塚国際美術館にて

先月、大塚国際美術館へ行った。

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館は、世界初の原寸大レプリカ美術館だ。陶器の板に絵を焼き付けるという技術によって、世界の名画が千点余も複製・展示されている。オリジナルの作品は一点もない。そんなユニークな美術館に、いちど来てみたいと思っていた。

名画を巡る館内ツアーについていくと、ガイドさんが作品群をわかりやすく説明してくれた。来館者の「好きな絵画」アンケートによる館内ベスト10を巡るツアーだから、ピカソやモネやフェルメール、私にもわかるものばかり。レプリカ=ニセモノと聞くと、ついそれなりに気がゆるんでしまう。

写真撮影もOK、自由に触ることもできるから、人気作品の前には長蛇の列ができていた。SNSにツーショットで投稿されまくるモナリザをダヴィンチはどう思うかな、とか、のんびり考えながら通り過ぎる。

ムンクの絵の前にきたとき、ガイドさんは絵の中のある箇所を指差した。

「この絵の赤いところに、鉛筆で『狂人のみが描きうる』と書いてあるんですよ。」

それはあの『叫び』の絵だった。生涯の憂いが彼を狂人のようにさせ、作品の中にそれを刻まざるをえなかったのでしょう、そんなことをガイドさんは教えてくれた。陶板のニセモノにもその筆跡があるのだろうか? 近づいてもっとよく見たかったけれど、人だかりがそれを阻んだ。

「すげえ、『最後の晩餐』ってこんなに大きいぜ。」
「ねえママ、『睡蓮』のここだけすごく暗い。」

小学生たちがそんなことを話している。きっとこのうちの誰かは、将来いろいろな国の美術館で本物の絵を目にし、それを描いた画家たちの魂を探求することになるのだろう。そう想像すると、その小さな夢が芽生えた日の風景に居合わせるのは、とても幸せなことのように感じる。

目の前にある作品が全部ニセモノとはいえ、世界中の名画の知識がひとところに集まり、いっぺんにその解説を聞いたり、思いを馳せたりすることができるのは、すごく贅沢なことかもしれない。

山の中にひとつの美術館がすっぽり入っているのだから、とにかく広い。アプリによると一万歩近く歩いていた。一番上のフロアまで行くと広い庭園に出る。ぬくぬくと心地よい陽だまりで多くの人が一休みしている。海が見え、風がさわやかに通り抜ける。ここでほっと一息。

芸術鑑賞って、なんだろう。濃い感覚世界に到達できた人だけに見える色や聞こえる音、そういう人にしかつきつめられない真実を、私たちはギリギリまで手を伸ばして、あわよくば分け与えてもらおうとしているのだろうか。ムンクの筆跡を見てみたいな。所蔵は、オスロ国立美術館。ええと… 
ノルウェー?

ギリギリまで手を伸ばしたら届くだろうか。ノルウェーは遠い。自販機で買った見慣れないエナジードリンクはなんともいえない味がして、胃を刺激した。


------------

いつもスキやフォローをありがとうございます。新しいことを始めたくて、投げ銭記事にしてみました。このさきはおまけです。かなりゆるっとした感じで大塚美術館とうずしおとラーメンの旅日記みたいなものを手書きで書いています。(ためになることはなんにも書いてません)

------------


この続きをみるには

この続き:877文字/画像4枚

大塚国際美術館にて

西平 麻依 /まいも

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート、メッセージ、本当にありがとうございます。いただいたメッセージは、永久保存。

あなたに押してもらえるなんて!ありがとう。
24

my手帖

【エッセイ】日々の暮らしのなかで気づいたことを綴っていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント4件

本物じゃなくても原寸大でいろんな名画が観れるのはいいですね~♪行けたら行ってみたいなーって思いました!個人的にはピカソのゲルニカがすごく気になります(*´-`)
Rikoさん、コメントありがとうございます。はい、原寸大って、教科書や本ではわからない感覚をくすぐってきます。礼拝堂とか、壁画とか、「空間」を感じられるのも、この美術館ならではだと思います。ゲルニカはレプリカとわかっていても迫力がありました!
森みずうみさん!ありがとうございます。すごく嬉しいです。文字、読みにくかったと存じますが、そう言っていただけて嬉しいです。嬉しいばかり書いていますね。うずしおは、船で接近して見ることもできるみたいです。情緒豊かな森みずうみさんは、きっと大塚国際美術館をもっと深く楽しまれるだろうな、なんて思いました。
Kさん、コメントありがとうございます。「叫び」ばかりが注目されやすいムンクですが、「病める子」のような絵画もありますね。そしてその絵画をお好きだということを知ってしまうと、Kさんの文章が静かにじわじわと輝きを増してくるように感じます。オスロに行かれたら、ぜひ見てきてください。こんなふうに先のことを話せるって、いいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。