「こいつ、絶対仕事もできない奴だよ」

同僚が吐き捨てるようにそう言った時、私は助手席の窓から鳥を見ていた。長い時間、鳥は静止していた。動き出すのを、見届けてやろうと思っていたのだけれど、やっと車が動き出したことで注意をそらしてしまった。再び目線を戻すと、すでに飛び立った後だった。

混雑の理由は、前方で往来を妨げていた一台の車だった。ドライバーの男性は、運転席に閉じ込められたまま、申し訳なさそうな表情を浮かべ、誰にともなく小さなお辞儀を繰り返していた。それ以外の選択肢は持ち合わせていないように見えた。何かトラブルがあったのだろう。

「もっと寄せれば他の車に迷惑かけないのに。全体が見えてないな。こいつ、絶対仕事できない奴だよ」

この続きをみるには

この続き:1,016文字

「こいつ、絶対仕事もできない奴だよ」

西平 麻依 /まいも

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート、メッセージ、本当にありがとうございます。いただいたメッセージは、永久保存。

押してもらえると思ってなかった!すごく嬉しいです。
37

my手帖

【エッセイ】日々の暮らしのなかで気づいたことを綴っていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。