見出し画像

CXO Night #5:前編「チームBANK流のプロダクト開発」レポ

12/13(木)に開催されたCXO Night #5 に行ってきました。ずっと行ってみたかった憧れのCXO Night。最近少しずつ言葉のアウトプットも増やせたし、勇気を出して(?)noteに書く枠で参加してみました。

今回のテーマは「場とデザイン」。前半は「チームBANK流のプロダクト開発」と題して開発サイドから見たデザインと経営の関係の築き方、後半は経営者や事業運営から見たデザインとの関わりについてが主な内容となりました。どちらも参加申し込み時のアンケートから小テーマを絞って進行するスタイルだったので、密度のある有益なお話がスムーズにわかりやすく聞けた気がします。こういうイベント自体の体験設計もいいな。

2部構成のうちここでは前半の内容を振り返ります。

----------

「チームBANK流のプロダクト開発」

【スピーカー】
・河原香奈子(@kanakt)
株式会社BANKデザイナー、執行役員。ブラケットのサービス「STORES JP」のリードデザイナーなどを経てBANKでは「CASH」「TRABEL Now」の立ち上げに携わる。

・岡田麻里(@mario_kada)
株式会社BANKプロダクトマネージャー。グッドパッチでプロトタイピングツール「Prott」のプロダクトマネージャーを担当したのちBANKへジョイン。新規事業TRAVEL Nowに立ち上げから現在まで携わる。

【モデレーター】
・広野萌(@hajipion)
株式会社FOLIO CDO。医療・保険分野やリーガルテックのスタートアップにもデザイン顧問として参画。先日開催されたデザイナーカンファレンスDesignshipの運営メンバーの一人。

【株式会社BANK】
「お金に関する問題を今までにない新しい方法で解決し、すべての人の可能性を広げる」をテーマに、インターネットビジネスを展開する事業会社。目の前のアイテムが 一瞬でキャッシュに変わるアプリ「CASH」、思い立ったら すぐに旅行に行けるアプリ「TRAVEL Now」などを運営。

---------

新規サービスを作る際のCEOとのコミュニケーション

〇着想段階での開発の流れ
・CEO(=光本さん)がアイディアや仮説を共有……デザイナーはそれを具体化するための手段や形を話し合いながら、モックなどを作っていく。
・デザイナーとCEOで開発初期から大部分を形にする……デザインドリブンの文化。「ビジョンが伝わるかたち」を考えることが大切。
PMやエンジニアと共有……ある程度形とコンセプトを共有できる形になったところで仲間全体に共有する。
→光本さんのマインドやビジョンをぶらさずにかたちにしていくことを大切にしている。

〇どの開発のベースにもなるCEOの仮説とそれに対するデザイナーの役割

・CASHの場合

「世の中には、潜在的な1~3万の小額の資金ニーズがあるのではないか?」
例:子供の誕生日にディズニーランドに家族で行きたいけれど、普通の支出としては高い……!!

もともとは「『写真を撮ったらそれがすぐにお金に変わる体験』を作って!」というCEOの思いつきから開発がスタートした。デザイナーは「それ実現するためにはどうすればいいか?」というアイディアの肉付けやリアリティを主導する役割を持っていた。
→このとき、ビジョンの実現ばかりに気を取られず、ユーザー体験で軸にしたいもの・コアにするものは絶対ぶらさないように心がけている。ログイン情報の簡略化(電話番号ログインなど)はその意識から生まれた。

・TRAVEL Nowの場合

「世の中には、旅行に行きたくてもあきらめている人が多いのではないか?」

旅行は「人生における冒険、財産」になる体験である一方、「お金と時間によって複雑(面倒くさい)」になっている。それを課題解決するサービス作り全体がデザインの実践になった。
→全体的な開発のベースになったのはCEOの「2018年は旅行の年!」というビジョンの具現化。(ちなみに、その前の2017年は「お金の年」というところでCASHがスタート。2019年は……まだ秘密!)

開発プロセスについて

○制作の始まりはモック作成から
・開発フローとしては基本的にまずざっくりとしたワイヤーモックを作るとことから始まる。
・「体験からつくる」を重視し、このモック作成は素早くコア体験の遷移を詰めることを軸に置いている。(あくまで動きの検証のフェーズなのでビジュアルは詰めずに最低限の状態で進めている。かかる時間も一日くらい。)
・遷移の設計が固まってきたら並行してワイヤーに世界観を固める要素(色遣いや全体のトーン、キービジュアルなど)を落とし込んでいく。
確定順としては「体験→ビジュアル→世界観」の流れがある。

〇開発時に大切にしていること
CEOの頭の中にある「仮説」を全力で検証するためのプロダクト開発を心がけている。
・作ることだけに注力するのではなく、その先にある運用を含めて全てのフローに全力でぶつかって行く
→CEOは立場的にタスクが多い分、細かい部分の責任や意思決定は現場に任されている。それを意識した上での「すべてやり尽くす」マインドが経営サイドとの信頼を築くことにも繋がる。

企業文化とデザイナーのかかわり

○デザインドリブン
・デザインに対して「事業の成功確率を最大化するために魅力的なプロダクトをつくる役割」という意識をデザイナー自身も経営者も持っている。
・驚き、速さ、楽しさなど情緒的な部分へのこだわりを怠らず、魅力を全方位的に作り込むことを心がけている。
愛着を持ってもらう仕組みをつくる。
→デザインは、世の中に「新しくて魅力的なものだ!」と思ってもらうための仕事。

デザイナーの強みとは?

○手を動かせることは最大の強み
目に見える形を作れること、それをチームの推進力につなげられることはやはり強みだと感じる。
・数字やデータなど「素の状態だけでは伝えきれない(=理解が難しい)部分」を「わかり合う」ための存在として力になれる。
・リアルタイムなユーザーの声を聞くだけでなく、作り手として事業のビジョンに沿った中長期的な視点を持って開発に携われる。
→10分手を動かすことで1時間の議論を解消できるような「話し合い」のかたちを変化させることにも通じる強み。

事業的な制約と理想⇔現実のバランスのとりかた

○諦めないことが大切!
・ビジョンの実現のために調べ続ける・向き合い続けることで、その業界やビジネスの既成概念、関わる人の意識ごと変えていく!
・通説的な「みんなこうしてるから」を、その体験でユーザーから見て本当に大事なことかを参照していく。
・同業界で既存のものを参考にするより「求める体験をきちんと実現できているデザインは?」という目線の方が実現のヒントを得られることも。
→サービスとして成立するために最低限守らなければいけない部分(法律など)は抑えつつ、ビジョンの実現に必要な実践の積み重ねを続けていくことで理想を現実にする

BANKのようなプロダクトをつくるために必要な人は?

○企業視点(BANK)
・既成概念に捕われず、リスクを恐れず、全力で仕事をできる人。
・カルチャーフィット。
→企業サイドもカルチャーブックの作成やプロダクトに携わる上でコアになる要素を参照し合うためのガイド策定など「つくる人」への意識は随時工夫している。

○デザイナー視点(河原さん)
・「魅力」につながるプロダクトをつくるためにも「表現力」は一番重視している部分。
・少数精鋭スタイルではあるので、個々のスキルは高くあるのが望ましい。
マネジメント重視ではなく、あくまでプレイヤー集団でありたい。

○PM視点(岡田さん)
・ビジネスとエンジニアリングとデザインのバランスがきちんと取れる人!
・リーガルチェックなど必要な制約に対する部分でプロが仲間にいるといいなという感覚はある。

Q&A

○学生の時にやっておくといいこと・大切にすべきことは何ですか

手を動かすことはもちろん、インプットをしまくること、表現や考え方をふやすこと(実際に展示を見たり本を読んだり意識的なインプットを心がける上でその大切さを実感している)。自分の引き出しを増やすことは、即時的なリアクションに直結していく。

○ユーザーインタビューはどうしていますか?

明確なニーズのもと開発を進めているので、リリース前はほとんどしていない。事前に具体性のある単体の声ばかり拾ってしまうと、それが気になって元来のビジョンがぶれてしまう可能性があり、かえって瞑想を招くこともありえる。信じるものがぶれるかもしれない検証は慎重に。

○PMとしてメンバーそれぞれの役割をどう棲み分けていますか?

デザイナー、エンジニアなど本領発揮できる部分は抑えつつ、現行体制で回しきれる部分は全員が目標達成のためにやってくれると信用して揃っている人数で振り分けることも。分担は柔軟に、その時々で考えて変えている。

〇エンジニアとのコミュニケーションで気をつけていることはありますか?

できるだけ同じ目線に立つことを心がけている。休みの日にコーディングやプログラミングをやってみるなど、完全に同じことが出来なくても分かろうとする努力を意識している。

〇デザインと経営を両立する上で、デザイナーマインドの方が強くなりがちです。どう住み分けていけばいいでしょうか?

切り替えすぎた意見は会社の組織にデザイナーがいる意味や専門の強さが消えてしまうので、棲み分けすぎなくてもいいと思う(岡田さん本人は意識的にそこまで棲み分けてない)。BANKの場合、経営陣もデザイナーに共感性をもって仕事ができているので、現場レベルのカイゼンは比較的フラットに言い合えるところは助けられている。

〇コミュニケーションの量や質をあげる工夫はありますか?

デザイナーとしては何を言うにしても「見えるかたち(キャプチャ、モック、イメージフラッシュなど)」で伝えることを常に意識している。企業としては、全体ルール的なものは設けていないが、議論は1on1にせず一緒につくる仲間みんなで話し合えるようにするのが文化になっている。

〇プロダクト開発の中で一番モチベーションを感じる時はいつですか?

性善説に基づいてものが作れていること、体験やサービスと同じく「デザイン」を好きになってもらえることは率直に嬉しい。実験的に試行錯誤する中で「新しいことをできる」楽しさや、協業者から嬉しい反応がもらえたり仲間が増えたりする経験はモチベーションにつながっている。

〇デザイナー同士のやりとりでディレクション部分を無くしていくには?

「最終的にどんなものがリリースされるのか?」の共有と、「そもそも何が実現したいか?(プロダクトポリシー)」をしっかり固めること。それが浸透していくと自然に抑えるべきデザインのポイントが各々に通じていく。

〇モックはどのように作りますか?(案の数、コア要素、共有する作り込みのレベルなど)

ある程度当たりをつけて、コアにそったものをピンポイントに作っていくことが多い。素早くつくって共有していくことはもちろん大切だけど、使ってみた実際の感覚を最低限感じられるレベルまではつくるようにしている。
(例えば、モックの段階でメインビジュアルはなくても平気だが、ワイヤーが引かれただけでは検証に値する体験になっているのかまだ分からないので見てもらえない)

----------

前編「チームBANK流のプロダクト開発」はここまで。約50分の長丁場でしたが、作り手としてのプロダクト愛とデザインに対する熱意が終始伝わる内容でした。トーク全体を通して感じたことは、BANKの人々が立場問わず全力でデザイナーを信頼していることと、明確なビジョンを全員が共有することで一丸となってプロダクト開発が行われていること。インハウスの場合、経営サイドの意思決定から仕事が降りてくる形でデザイナーが関わり始める開発もまだまだ多いように感じますが、アイディアを組織に共有する段階からデザイナーが伴走して形を作るところは組織としてのデザインに対する価値の大きさを感じました。また、カルチャーブックやプロダクトポリシーなど「デザインをデザイナーだけのものにしない」工夫の数々は経営とのコミュニケーションやメンバー間のフラットな関係性にも通じているのかなとも……。経営としてデザインを取り入れたい人だけでなく、デザインサイドから経営に関わろうとする人にも勉強になるよう要素の多いセッションでした。

河原さん、岡田さん、広野さん、素敵なお話ありがとうございました!!!
後編はまた後ほどupします。

読んでいただいた方、ありがとうございました!

ところで写真を一切撮り忘れていた(またかよ)ので絵心ないくせにヘッダーを描いてみたのですが……ラップトップでパスは引くもんじゃないなと思いました。ペンタブ買おうかな。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteを読んでいただきありがとうございます。サポートは自分とデザインへの投資に充てたいと思います。

「スキ」ありがとうございます!今日のラッキーブルーは…縹(はなだ)!
7

n300

〇〇デザインとデザイン〇〇をキーワードに、デザイナーとデザイン学者の間くらいを彷徨っているひと。色彩、基礎造形、グラフィック、エディトリアル、インタフェース周りが興味・制作対象。広報、体験ドリブンまわりの事例も勉強中。お金で買えないバリューのデザインが最近の問い。

イベント系(レポ、勉強メモ、感想他)

いろんなイベントに行った時にメモした内容をまとめたり、殴り書きにした記事をまとめています。デザインもの多め。昔に書いた感想ベースのものはかなり拙いです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。