見出し画像

終わりがあるから始めない

本を読み始め、冒頭で傑作とわかったから勿体無くて、続きはまた今度と本を閉じた

映画を見始め、主役に憧れこんな生き様になりたいと思ったのもつかの間、

エンディングが予想でき、途中で見るのをやめた

旅に出発する前に、帰ってからの洗濯物や日常の雑事を思い煩い、心の中で旅は色褪せて終わってしまった

付き合うか、どうするか浮ついた気持ちの中、将来や未来を考えてしまい、
甘い生活から引き戻された感じがして
虚しさが残った

終わりがあるから、始めない
終わりがあるなら、何もしない

産声を上げて、この世に生まれ、いつから死ぬことを考え始めたのだろうか

目的や目標がなければ習い事や、趣味は続かないのか

終着駅が無い電車に乗って、ゆっくり、ゆっくり、風景を眺めてみたい

終わりは自分で決めるもの、はたまた他人から言われわかるもの、終わりを告げられていないのに、終わりと思い込み、終わらせたのは誰でもなく自分だった


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます、こんな文章でも読んでいただき光栄です

おとぼけ耐恋

楮清十郎見参。1回で斬れねば、10回斬る。10回で斬れねば100回斬る。100回で斬れねば1000回斬る。斬って斬って斬りまくる候
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。