清酒の歴史について

透明な清酒の歴史を少し😊🎵。

有名な戦国武将であった山中鹿之助(※)の長男の山中幸元(新六幸元)は、父同様武運はなく、摂津国に逃げ延びるはめになりますが、自分は武将に向いていないと思ったのか、武士を捨て、商人となり、名前も、鴻池新右衛門直又(鴻池直文)と改めました。伊丹の地で慶長の始めに酒造業を始め、慶長4年(1599年)には江戸送りを開始、馬による輸送で、江戸送りの元祖とも言われています。

伊丹は元々濁酒造りが盛んな土地で、新右衛門はそこで苦労の末、芳醇な清酒造りに成功しました。1600年を少し過ぎた頃、つまり17世紀初頭のことで、それまで日本酒といえば、濁り酒が全てでした。従ってこれが、初めての透明な酒、清酒の誕生ということになります。

その経緯ですが、ある日、素行の悪い使用人を新六がきつく叱ったところ、その使用人は逆恨みし、酒樽に灰を投げ込んだのですが、しかしそれによって、樽の中の濁り酒は、芳醇な透明な清酒に変わっていました👀。これは、酒造りの過程でアルコールと共に酢酸が生じ、この酢酸が増え過ぎ、余計な酸味が加わったりしますが、この酢酸は、灰を加えると中和され、酢酸による酸味を抑えて芳醇な香りと味に変え、色まで美しい透明に変わる性質があります。

とはいえ、ただ灰を加えさえすれば良いというものではなく、酒にあった性質の灰をほど良い量とタイミングで加えなくてはいけません。逆恨みした使用人が投げ込んだ灰は、偶然にも性質、量、タイミング、いずれもピタリと合っていたのでしょう✨

最初は偶然でしたが、新六はその灰のメカニズムを研究し、やがて美味しい透明な清酒の製法を編み出すことに成功、江戸にそれを持ち込んで莫大な利益を上げました。これが、今も続く鴻池財閥の原点となったのでした👍

鴻池は、先祖を毛利家に滅ぼされたという因縁から、江戸期、毛利家だけには金を貸さなかったといいます。それが薩長が政権を握った明治維新後は逆に足かせとなってしまったのは歴史の皮肉でしょうか😅。備後鞆にある山中鹿之助の墓の補修に、当時の三和銀行(鴻池の後身、今の東京三菱UFJ銀行)が全くの支援をしなかったというのも、考えさせられるところではあります💦

※山中鹿之介(幸盛)について

山中家は、京極氏の一族で代々出雲守護代を務め、京極氏から室町時代中期に分かれた家であり、京極尼子家とも呼ばれていました。山中家は山陰地方で活動し戦国大名となった一族で、山中家は尼子氏の一門衆で尼子氏の家老でしたが、1567年、尼子義久が月山富田城にて毛利軍に降伏、尼子氏は滅亡、義久ら尼子3兄弟は円明寺へ連行・幽閉されました。山中幸盛(鹿之介)は随従を許されず、主君と別れ、その後、幸盛は尼子家を再興するため尽力、その後2度の尼子家再興運動は失敗、3度目には織田家を頼り、羽柴秀吉の下で尼子家再興を図ることとなります。

1578年1月、秀吉が播磨西部の毛利方の拠点である上月城を攻略すると、幸盛は、主君・尼子勝久と共にその城に入り、尼子再興軍は、この城を拠点として最後の尼子家再興を図って行きます。

1578年3月下旬、三木城の別所長治が信長に叛旗を翻し、毛利氏に味方、4月に毛利は吉川元春・小早川隆景ら率いる3万以上の兵をもって播磨に進軍、秀吉は荒木村重らと共に1万の軍を率いて上月城の救援に向かい、高倉山に布陣しますが、信長から三木城の攻撃を優先するよう命じられ、陣を引き払い書写山まで撤退、その結果、上月城は孤立無縁となり、城内の兵糧も尽き、同年8月8日 、尼子再興軍は毛利軍に降伏、人質となった幸盛は備中松山城に在陣する毛利輝元の元へと連行途上の備中国合(阿井)の渡(現在の岡山県高梁市)にて、毛利氏の刺客により謀殺されたそうです。

#清酒の歴史 #山中鹿之介 #山中幸元 #新六幸元 #鴻池新右衛門直又 #鴻池直文 #鴻池財閥 #note酒飲み部

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

橋本 尚久

仕事は内科、消化器内科の医者をしています。noteでは、仕事とはあまり関係ない、趣味のオーディオやドラマの感想など、その他、雑多な思いつくままのテキトーな主観の入り混じったことをブログ風に記して行きたいと思います。

食べ物関係♪

食べ物に関するマガジンです♪
2つ のマガジンに含まれています

コメント2件

年末に西宮に帰った時に酒蔵少し寄ったんです。あの辺も江戸時代に酒で栄えてっていうので、兵庫南部は灘〜伊丹の方まで多いですよね。進学校も何気にルーツが酒関係の学校あるし|ω・)
Lady SucREさん、コメントありがとうございます😄。進学校で全国でも大変有名な灘中学校・高等学校は灘地方で酒造業を営む、嘉納治郎右衛門(菊正宗)、嘉納治兵衛(白鶴)、山邑太左衛門(櫻正宗)によって1928年(昭和3年)に設立された男子校で、同じく進学校で有名な甲陽学院中学校・高等学校は学校法人辰馬育英会(白鹿グループ)が運営する男子校で、1920年(大正9年)3月に辰馬吉左衛門が私財を投じて設立した学校です。どちらの学校も元々酒屋さんの子供さんが通う学校でしたが、灘は当初から官公立中学(現在の国公立高校)を凌駕することを考えていたようで、甲陽学院もイギリスのイートン・カレッジを理想として天賦の才能を啓発し、気品高く、教養豊かな有為な人材を養成することを目的とする自由な校風で、どちらの学校も大学は設置せず、全員が志望大学に進めることに力を注ぐ関西屈指の名門校です。自分は残念ながらどちらの学校出身でもありませんが😅。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。