見出し画像

NHKラジオの最上級レベル「実践ビジネス英語」を2年間継続できているたった2つの理由

ぼくの note で最も反響の大きいものです。おそらく多くの方が使いこなせていない「実践ビジネス英語」のガイドだと考えていただければ幸いです。

(追記)

2018.08 大幅加筆(内容をさらに具体的にしました)
2019.04 タイトル変更&加筆(2018年度に取り入れた学習法を追記)
2019.05 ある学習法の注意点を追記

-----

NHKラジオ「実践ビジネス英語」は素材がいいとはわかっているものの、なかなか継続できないのが悩みの種です。先日、Twitter で勉強法についてつぶやいたところ、そこそこの反応がありました。英語学習者のみなさんも気になっている様子がわかります。

2017年4月から、NHK ラジオ「実践ビジネス英語」を続けています。実は、一度挫折経験があるのですが、現在、3年目に突入できています。

(2018年8月/追記)
以下の方法で、無事に1年間やり通すことができました。その上、リスニング力やスピーキング力が上がった実感があります。今は2年目に突入中です。
(2019年4月/追記)
2017年度の学習法をバージョンアップさせています。今や、日々の英語学習の中心が「実践ビジネス英語」になりました。英検一級や TOEFL の受験にも役立っています。3年目に突入です。

継続できている理由はこれらの2つと言えます。

・「素材を使ったトレーニングをルーティン化する」
・「続けた成果を実感できる仕組みにする」

「学習をルーティン(習慣)にする」ことはさまざまなところで言われていますが、ラジオ講座、特に「実践ビジネス英語」に絞って継続できるコツをお伝えします。超具体的で、この note を読んだ後、すぐに始められますので、英語力を高めるために日常に取り入れていきましょう。

なお、対象は英検準一級レベルや TOEIC 800〜900点を対象にしています。初中級者が取り組むには少し難しい番組だと言えますので、ハイレベルの学習者が「さらに上を目指したい」というときにお使いになるといいと考えています。英検や TOEIC で力が出せている人も苦戦する素材になっていますので、ぜひ挑戦してみてください。

また、「BEYOND TOEIC」「BEYOND 英検」を目指している方にもオススメです。英検は BEYOND しきれていませんが、TOEIC についてはだいぶ楽に感じるようになりました。試験とは別の素材に触れたい方もぜひ。

本編に入る前に、なぜこれだけ「実践ビジネス英語」に入れ込んでいるかをご紹介させてください。次のような一節に出会ったからです。

イッチーこと植田一三先生のご著書『英語スピーキング力 4技能+αで全方位から集中攻略』の中に次のような記述があります。

「NHKビジネス英語の鬼」
高校2年のときから、NHKラジオのビジネス英語講座のビニェットを聞いた後すべて80回シャドウイング&音読していた大学生。体で様々な表現を覚えて、4年経ち、英検1級にパスしたときには、普通の合格者と違って数段発信力が高く、ビジネス英語のように正確かつ凝った言い回しで話せるようになっていました。

TOEIC や英検を凌駕する英語力を身につけるためには、「実践ビジネス英語」が間違いない、と確信をした瞬間でした。信じて突き進めば、間違いない素材です。

では、「実践ビジネス英語」の旅に出ましょう。

この続きをみるには

この続き:2,631文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り11/ 30

NHKラジオの最上級レベル「実践ビジネス英語」を2年間継続できているたった2つの理由

渡邉淳/ぽるぽる@英語学習コンシェルジュ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし内容に共感をしていただき、有益だと感じていただけたら、サポートをお願いできますと幸いです。情報を広める手段として使用させていただきます。

スキって言葉は最高さ!
11

渡邉淳/ぽるぽる@英語学習コンシェルジュ

英語で困る人を救うことを使命にして突き進む講師・編集者・ライター/東京海洋大学・天狼院書店/東京外国語大学でポルトガル語専攻/大西泰斗先生の『ハートで感じる英文法』で英語観が変わり、TOEIC 990点満点・英検1級→人の成長に喜びを感じるぜ!コーヒーと甘いものが大好物。

週刊TOEIC 990点パーフェクトスコアラー秘伝の書

週刊としていますが、月に10本ほど記事を更新する予定でいます。 TOEIC を中心に、英語力アップにつながるヒントを提供していきます。普段、専門学校や大学、セミナーでお話していることをコンパクトな形で、必要なところだけをお読みいただけるマガジンを目指してまいります。 ぼ...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。