会社員でも、働く機会を広げることができるのか

こんにちは。平成最後の夏が終わりを迎えようとしてますね。セミの声が聴こえなくなってきて、いよいよか…としんみりしています。

さて今回は、「会社員でも自由に働くことができるの?」というテーマで書こうかなと思いまして、久しぶりにnoteを綴っています。

「働くこと」について、なぜ書こうと思ったのか

普段はSNSマーケティングについて発信していますが、今回は「働く」というテーマでなぜ発信しようと思ったのか、理由は2つあります。

ひとつめ。6/27(水)、SHELikesでセミナー登壇をしました。嬉しいことに、「個人がSNSで発信力を高めるメリットとその方法について話してほしい」と連絡を頂きまして、個人で仕事を受けました。

セミナー資料を作成するなかで「なんで私は会社員であり続けてるの?」と自問でき、「場合によって会社員は最高だな」という答えにたどり着いたので、その考えを公開したくなりました。

ふたつめ。元同僚のツイートがキッカケです。

(この2人が元同僚という事実がすごい)2人とも同じようなことをツイートしてました。「会社員でもフリーランス的な働き方ができれば会社を辞める必要はない」と。

そう、私がひとつめの理由で書いた「場合によって会社員は最高だな」の場合は、まさに「フリーランス的な働き方ができた場合」です。

以前noteに書きましたが、私は「会社員+副業+趣味(映画製作に挑戦中)」で比較的に自由に働いています。フリーランス的な働き方、最高。

今回はSHELikesセミナーで使用した資料を一部公開しながら、「会社員でも働く機会を広げるには」について書きたいと思います。

資料の目次

第一章:外部発信する大切さ
第二章:会社(上司)を味方につける ※ここ重要※
第三章:SNS発信のポイント
第四章:仕事呼び寄せの術
最終章:会社員でも自分の仕事は作れるのか?

重要なのが、「会社を味方につける」こと。

"なぜ会社以外の働く場所を求めるのか。自分が外で働くことで会社にどのようなメリットがあるのか。"の摺合せは、丁寧におこなう必要があります。

※なお、これ以降は本当に必要な人にのみ届いてほしいので、有料とさせていただきます。※

↓資料一部抜粋↓

私は自分の働き方やその環境づくりに数年もかかってしまいましたが、それらの経験を伝えることで、読んでくださるみなさんの力になれればと思います。

この続きをみるには

この続き:3,117文字/画像1枚

会社員でも、働く機会を広げることができるのか

三川 夏代

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

💫 ありがとうございます! 💫 スキは世界を救う!みなさんのスキとサポートが私の覗き見欲求を駆り立てます!

わたしも、スキ!
45

三川 夏代

平成のファーストロット。広告代理店に勤務、ソーシャルメディアコンサルタント。kakeruの編集長もやっています。→http://kakeru.me/

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。