デンマークあれこれ

8
ノート

E-13で得たモノとは

渋谷のユーロスペースで行われていた『トーキョー ノーザンライツ フェスティバル2018』、最終日の最終回。

今年のデンマーク映画は2本。
「プラハ」と「チーム・ハリケーン」。
マッツ・ミケルセン主演の大人の夫婦ドラマ「プラハ」も観たかったけれど、時間が合わず。ようやく最後の「チーム・ハリケーン」には間に合った。十代の、心に不安を抱えた少女たちの日常を描いた作品らしい。

夜9時からの上映前に

もっとみる

イエンセンの王冠

代々木八幡に、デンマーク駐日大使館御用達のパン屋さんがある。
名前は『JENSEN(イエンセン)』。
本場のデニッシュが味わえる、東京で唯一の(と個人的に思う)店だ。

昨日はお昼頃に立ち寄ったのだが、お目当てのスモースナイル(※デンマーク語で「スモ―」はバター、「スナイル」は渦巻きの意味。シナモンロールだと思って頂ければOK)は、すでに売り切れてしまっていた。
ヨーロッパのベーカリーのように、朝

もっとみる

Hvad koster det ?(いくらですか?)

2018年センター試験の地理Bで、物議を醸している「ムーミン問題」。

そもそもなぜ「東京在住の高校生ヨシエさん」は、「北欧三カ国」にしか行かなかったのか?
デンマークをこよなく愛するわたしは、何よりそこがとても気になった。
北欧は基本的に「四カ国」(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)を指す。デンマークだけ外すのは納得がいかない。

設問の冒頭には「コペンハーゲンを経由」して、三

もっとみる

Danish Holidays ③ アフタヌーンティー

帝国ホテルで開催中の、デンマークフェア。
いよいよ待望の『アフタヌーンティー』へ!

この3段重ねの美しい盛り付けを「すてき!」と共感したくて、かねてからお世話になっているデンマーク語の先生をお誘いした。

先生の門を叩いたのは、もう4年ほど前になる。
個人レッスンをして頂いているのだけれど(語学学校ではデンマーク語がレアすぎて講座がない、というのが発端だった)、仕事の都合で数か月休ませて頂いたり

もっとみる

Danish Holidays ④ミートボールパスタとケーキ

11月23日は、わたしたち夫婦の結婚記念日。

なのに今日は一日家にこもって原稿を書かなければならないので、夫がお惣菜とケーキを買ってきてくれた。
そう!デンマークフェアの一環として、帝国ホテルの1階『ガルガンチュア』で販売している特別メニューである。

ミートボールのショートパスタ。
デンマークではこのミートボール(フリカデッラfrikadeller)が定番のおかず。ふわふわして、柔らかいのが特

もっとみる

Hygge(ヒュッゲ)という幸福

「Hygge」(ヒュッゲ)という言葉がある。
デンマーク語で「家族や友人、人と人のふれあいから生まれる、居心地のよい雰囲気。温もり」という意味だ。日本語はもちろん、ほかの国の言語では置き換えることが難しい概念だけれど、デンマークの人々の「幸福」を象徴している言葉だとわたしは思う。

わたしは無類の「デンマーク好き」である。
デンマークという国と、人と、文化がとても好きで、デンマーク語も少しずつ習っ

もっとみる

Danish Holidays ②デニッシュ

デンマークから世界へ渡り、もっとも愛されている食べものといえば『デニッシュペストリー』ではないだろうか。
本国では「ウィーンから来たパン」と伝えられていて、名前も『Wienerbrød(ヴィナブロズ)』というのだけれど、バターたっぷりのサクサクした甘い生地のそれは文字どおり、デンマークの国民的なパンだ。

帝国ホテルの『デンマークフェア』。
一階のパティスリー『ガルガンチュア』でも、そんなデニッシ

もっとみる

Danish Holidays ①ランチブッフェ

11月1日から、帝国ホテルで『デンマークフェア〜北欧の至福〜』が開催されている。

レストランやラウンジで、デンマークにちなんだ料理やお菓子を提供するというものだ。外交樹立150周年を記念する行事のひとつらしい。自他ともに認める〈デンマーク好き〉なわたしとしては行かなきゃね!と思っていたのだけれど、こないだはトランプ大統領が泊まって警備がすごそうだったし、なかなかゆっくり銀座へ行く時間がなかった。

もっとみる