愛について。

僕が精神科医になりたての頃の話。

ある日、児童思春期病棟を歩いていたら小学校高学年から中学生くらいの女の子に呼び止められた。

「ねーねー先生、『愛』ってなんですか?」

いたずらっぽい顔で真昼間から哲学的な問いを投げかけて来る。

立ち止まって少し考えた後にこう答えた。

「『愛』は… きっと奪うでも与えるでもなくて 気がつけばそこにあるものなんじゃないかなあ」 

「先生、凄いですね!ちょっと分かったような気がします。ありがとうございました!」

その子は目を輝かせてデイケアの方へ走り去って行った。

ネタと気づかず純粋に喜んでくれたけど なんだか悪いことしちゃったなあ。 

この曲を聴くたびにその子のことを思い出す。今はもう愛を知っているだろうか。嗚呼カラオケに行きたい。

名もなき詩 / Mr.Children

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

KEI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。