医療ドラマ考

医療ドラマはあまり見ない。

というか そもそもドラマというものを人生で一度も全話見たことがない。

キムタクが出ていた『GOOD LUCK』を当時付き合っていた彼女の影響で8割ぐらい見たのが最高記録。『A LIFE』も最初の数話で断念。

木村文乃が同僚にいたら毎日痛快ウキウキ通りだけど。

リアリティにこだわって作っても医療者側から見るとつっこみどころ満載でなかなか話に集中出来ない。余りにリアルに作ってもドラマとしては一般受けしないんだろうけど。

たまに普通の人は気づかない 医療関係者が見たら分かる言動を役者さんがしていると これは監修の先生のこだわりだなーとニヤニヤしてしまう。そういう捻くれた楽しみ方はある。

精神科医はキャラ的に立つからか天才外科医の脇役的な感じで時々ドラマに出てくるけれど 大体が奇人変人か 異常に患者に優しくてなんでも聞いて泣きながら共感して抱きしめてくれる人みたいな扱い。

奇人変人は確かにいるけど(いるんかい) 臨床的に困るのは後者の方。

悩みを傾聴 共感して一緒に解決法を模索は確かにするのだけど 手を取って一緒に泣いたり抱きしめたり携帯電話を教えていつでも悩んだら連絡しておいでということは基本的にはしない。でもドラマを見ている人は精神科医ってこんな仕事なんだと誤解する人もいるので その辺はもやもや。

まぁでも精神科医はドラマに出して貰えるだけ良いのかも知れない。 

泌尿器科とか耳鼻科 眼科主役のドラマって難しいよね。むしろあるなら見てみたい。

前立腺や鼻の穴を巡るオペ室での緊迫した戦い。

どうドラマチックに持っていくのか。監督泣かせ。 

でも総合病院で一緒に仕事していると もちろん各科にドラマがありお互いに尊敬するプロフェッショナルという感じなのです。

VALUにも面白い他科の先生いないかな。

医療ドラマを見ていて つい気になってしまうポイントについてはまた今度。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

KEI

コメント2件

泌尿器科www耳鼻科wwwいや確かに見た事ない!基本外科医ですね。見てみたい!
いや、実際は本当各科の先生カッコいいんですよ!泌尿器科は腎移植とかもありますし、耳鼻科は頭頚部癌とかも。ただなかなか主役になりにくいだろうなーと汗
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。