ベルギー戦回想

ベルギー戦、案の定寝過ごし後半から観戦。テレビつけるときに0-2くらいかな…と覚悟していたのにスコアレス。

後半、素晴らしいシュート2本で2点を先制。ここまでの流れは最高。後々振り返ると2点目を取るのが早すぎたのかも知れないが。そこまで贅沢は言えない。香川、柴崎の距離感が良くテクニックもあり中盤高めでボールを持てたのが良かった。

ほぼどフリーのルカクのヘッドなどを外してくれているうちに時間が経てば良いなと思っていた矢先にアンラッキーな失点。あそこからベルギーを蘇らせてしまった。

結果的にはベルギーの選手交代がドンピシャ。想定は十分していただろうけど、日本はルカク、フェライニの空中戦に押し込まれた。そして最後の最後に自陣から相手ゴールまで長いスプリントをして決めたベルギーの決定力を褒めたい。日本は武藤にそういう役割をして欲しかったけど。あそこでスルーできるルカクの冷静さも恐ろしい。決め所を知っているのが強豪との違いか。南米あたりのチームだったらあそこまでカウンター食らう前に潰してただろうけど、そこは日本のお行儀の良さが出たかな。

結果的には主力が疲れて走れなくなってきてからの二の矢が今の日本にはなかった。サブの力の差が出た形。川島は今日は頑張っていたとは思うけど、やはりクルトワとの差もあったかな。キャッチできず弾くのが小さいからやはり見ていて不安。

まぁそれでもW杯始まったときはここまで楽しませてくれるとは思わなかった。お疲れ様。よく走り良い試合でした。結果的にはベルギーのストーリーを作る試合展開にはなってしまったけど。勝利は10人のコロンビアに勝っただけとは言え、日本のサッカーを見せてくれたと思う。4年後のタレント不足が心配ではあるがどうなるか。その時はもう40代か。生きている間に日本のW杯決勝が見れるといいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

KEI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。