画像1

Caminho de Luz

nagami yukitaka
00:00 | 00:30
Caminho de Luz ~ 光に向かって ~
2015.5.1 by nagami yukitaka



10代の頃、トルストイの「光あるうち光の中を歩め」という小説を読んで感動した覚えがある。
僕も、光に向かってきちんと進んで行かなくては、といつも自分に言い聞かせている。

今回は、ピアノの機械音(ハンマーが弦に当たる音、鍵盤が動く音、ペダルを踏む音など)を強調した録音をしてみました。

いつもは雑音だと認識されて、録音時にはなるべく収録されないようにマイクの位置を調整したり、ミックスのときに省いたりすることもあるこの機械音。

でも、たしかにそこに存在するのです。

そんな音も含めてピアノの音色だと思ってます。

ピアノの中に頭を突っ込んで聴いたら、もしかしたら、こんな音かも?!



作品の使用に関するご相談、及び、制作のご依頼等のお問い合わせはこちらまでどうぞ。
info@nagamiyukitaka.com

永見行崇のプロフィール、プロデュース・アレンジ作品の試聴等はこちらをご覧ください。
http://nagamiyukitaka.com/profile.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

永見行崇

pianist, composer, arranger. Kawasaki, Japan

永見行崇・ピアノ作品

永見行崇の即興演奏、作品を紹介します。 http://nagamiyukitaka.com/profile.html

コメント1件

ピアノのことは良く分かりませんが、昔とある音楽家の方のお宅にお邪魔した時に、戦前のベヒシュタインのグランドピアノを何回か弾いたり聞かせていただく機会がありました。ペダルやハンマーが弦を叩く音も含めて、ピアノの中で音が響きあって風が吹いてくるような感覚といいますか、全てが美しかったです。マイク録りだと、やたらキンキンとしてしまうポイントがあったり、あの世界観をちゃんと録るのはすごい難しいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。