ボーナス・トラックについて語ったことないから語る。

アルバムの最後とかにボーナス・トラックってあるじゃないですか。「どのボーナス・トラックが好き?」とか「思い出のボーナス・トラックは?」って話はあんまりしてきたことがないけど、だからこそちょっと聞いてくださいよ。

僕が好きで、尚且つ、思い出もあるボーナス・トラックはというと、高校のときに大好きだったPOTSHOTってスカバンドの3枚目のアルバム「Til I Die」に入ってるやつ。

このアルバムにはボーナス・トラックが2曲入ってるんですけど、2曲目がPOTSHOTとしては珍しい日本語歌詞なんです。でも、ボーナス・トラックだから歌詞が入ってないし、当時はネットに歌詞なんてアップされてないから、何回も何回も聴きなおして歌詞を覚えた記憶があります。思春期にはグッとくるいい歌詞なんですよ!

これは一緒のアルバムに入ってるシングル曲。当時、マイクの持ち方とかジャンプの仕方真似したなぁ〜。
https://www.youtube.com/watch?v=gpawxSnJdlk

んで、好きだけど、イヤだったのが最近「AIR JAM 2016」の開催を発表したばかりのハイスタこと、Hi-STANDARDのボーナス・トラック。ANGRY FISTのボーナス・トラックは、ピンクパンサーのカバーが入ってて、めちゃくちゃかっこいいわけですよ!

これね
https://www.youtube.com/watch?v=0n0Vgunoo9Q

でも、ボーナス・トラック自体が15分以上あって、8分たたないとピンクパンサー始まらなくて…。これが苦痛でしょうがなかったw 当時、簡単に早送りとかできなかったですしね!

あと、驚いたボーナス・トラックがDragon Ashのviva la revolutionのやつ。このアルバム聴きながら寝てたら、急に「ただいま! ケンジ〜、おなか減った。」って声聞こえて、誰か急に部屋に入ってきたのかと思って飛び起きて、嫌な汗かいたの覚えとる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、自腹で行っている海外への取材の原資につかわせていただきます。過去、ロサンゼルスやデュッセルドルフ、台湾などに自腹取材行ってきました!

ばり嬉しいんじゃけん!
2

砂流って読めますか?

企業のPRのお手伝いとEngadgetや色んなメディアでライターをやっています。bouncyの動画ライターとForbes(Web)のコラムニスト。宣伝会議Web広報講座の講師 まとめ https://matome.naver.jp/odai/2138261979010999701
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。