真冬に熟れるアジア旅 東南アジア最後の秘境【ラオス】!

【ハノイ ~ ラオス・ルアンパバーン】

東南アジア最後の秘境と言われているラオスは、湿り気のある濃厚な空気が流れています。

街全体が世界遺産として登録されている都市が、ここルアンパバーンです。

山間部の小さな町ですが、欧米人のバックパッカーが多すぎて、

「なにこれ?ルアンパバーンってホントに最後の桃源郷?」

って感じで、ちょっと何処の国に居るか分からなくなってきました。

クラブミュージックがガンガン掛かり、蟻(アリ)の這うベッドで

「わたしは一体何をしているのだろう?」 と考えていると、

どこかへポッカリと放り出されてたような気がしてきました。

夕日で有名なメコン川の反対側には、ナム・カーン川という名の支流が流れています。

今の時期(乾期)限定で竹の橋が掛かっていて、橋のそばを歩いていると、

お約束通り道を尋ねられました。◇関連記事

問掛 「この橋を渡るのって無料ですか?」

サキ 「5000キープ(約72円)掛かるみたいですよ。」←散歩していました。

訊いてきたのは中国人のカップルで、ちょっと話すうちに、

「一緒にトライしない?」という話しになりました。

汗を流しながら、穴があいている橋を渡りました。

川の裏側から華やかな通りを見ると、

早朝から観光産業で働いていているラオスの人たちは、せっせと屋台でご飯を作り、トゥクトゥクの勧誘をし、洗濯物のシーツを干していました。

そうしているうちに、ふと心付いた事がありました。

クラブ音楽が鳴る秘境も、蟻の這うベッドも、ポッカリと放り出されてた気持ちも、物事の一つの側面であって、

「絡み合いせめぎあいながら共存している。」のだと。

わたしは、「道を訊かれる事が案外好きかも知れない。」

と、その時そう思ったのです。



ルアンパバーンにて。(ぶん・写真/studio iotal label 代表・前田紗希)
[Twitter]https://twitter.com/nagareruiota

【 studio iota label 】

旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル。

前田紗希(Dr,Pf)×VJ you:流れるイオタsolo set/ AtelierO Osaka Journey.2014 旅の似合う音楽

【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! こちらでサポートをいただけたら、レーベルの運営費用、他のnoteへの支援に使わせていただきます\(^o^)/

わたしもスキです♡
36

アジア旅の記憶

世界あちこち行ってるのに「行くぞ!」って強く決めてる割に孤独でびびりまくり。ポジティブだけじゃない、等身大の旅のお話し。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。