イオ子☆なつの白夜のフィンランド観察日記

夏のフィンランドといえば白夜です。
ずっと明け方のような雰囲気。
日が沈んでも真っ暗にはならず。
それって一体どんな感じなんだろう?と思い、
ひっそりお散歩へと行きました。
カメラを持って、夜に溶け込み、
Tervasaari(タール島)~ kauppatori(マーケット広場)
その区間での、
月が上がるまでの80分間の記録です。
その場に居ると白夜の明るさに気を取られて
朝との違いをあまり感じないんだけど、
確かに、夜中。
写真に収めて後から思い出すと
違いが追いかけてくる様に感じるのかもしれない。
すこし高台になっているところにのぼる。
街が見渡せる。
みんな、いつ眠るの?
うつくしい ひそやかな夜。
もう少し。
しっかりと夜の息づかいみたいなのがあったりする事に、
時間をを委ねていたかったりして。
また、足を前に出す。
明けたわ。
月がのぼってきたので、
そろそろ終わり。
あとはこの明るさのまま
朝を迎える。
80分間の記録でした。
ヘルシンキ大聖堂の時計は、
【AM 0:20】 【ガイドブックには載ってない観光ガイド!イオタビ】 2016年1月下旬にリリース予定です!まだ知られておりません(´ω`) どうぞご協力宜しくお願いします! https://iotabi.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! こちらでサポートをいただけたら、レーベルの運営費用、他のnoteへの支援に使わせていただきます\(^o^)/

ありがとうございます!
8

イオ子の不思議なB級スポット

流れるイオタの紅一点・フォトアーティストの顔も持つ前田が、突然【B級スポット】を撮り始めちゃった話し。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。