アジア最長ゴンドラに乗って「香港のパワースポット」ランタオ島へ! | ゴンピン360

香港のランタオ島は、自然に囲まれた美しい街の景観と、信仰の島としての側面である仏教歴史的建築の数々など、見どころがたくさんあります。

そして、アジア随一の『パワースポット』が存在する場所でもあります。


□ゴンピン360(Ngong Ping 360)

ランタオ島の観光のスタートにおすすめなのが、

「ゴンピン360(Ngong Ping 360)」という、これまたアジアで一番長いことで有名なロープウェイです。

全長5.7km、所要時間20〜30分(強風時には徐行するため)。

ランタオ島の景色を一望でき、観光客や、トレイルをする人で休日は賑わっています。

天壇大仏やハートスートラなどのパワースポットへ行くのにも、このロープウェイに乗っていきます。

香港の人気観光スポットで、いつも大行列ですが、

朝の開始直後ならあまり並ばずに済むかもとのこと!


□乗車口までの行き方

乗車口はMTR東涌線の終点「東涌駅」のすぐそばです。

駅には「B(出口)・昂平360」と記された案内看板があります。

徒歩2分ほど!



□空港からMTR東涌駅へのアクセス

 ■香港空港から東涌は、バスで行くのが便利です。

 空港経由の路線バス(S1系統)を使うと、15分くらいで到着する事が出来ます。

出典:http://hongkongtravelinfo.seesaa.net/article/400414172.html


 ■鉄道でのアクセスは、逆方向に戻る感じになりますが、距離的にはとても近い感じです。


空港から鉄道の乗り場がすぐ分かりやすかったので、鉄道で向かってみました!

どっかで見たような!



□コインロッカーに荷物を預けたい


嬉しい事に、東涌駅「C出口」から直通のショッピングモールの地下にコインロッカーがあります。ふふ。


タッチパネル式の操作で、英語案内があります。

案内に従って行けば、難なく操作する事が出来るはずです!

オクトパスカードで精算できるので、1枚持っておくと便利でしょう。


□ゴンピン360(Ngong Ping 360)乗車へ。

運賃:185HKD (往復)

少し値段が高いですが、クリスタルキャビンという床がガラス張りタイプのロ ープウェイもあります。


海峡を渡ります。素晴らしい見晴らしです!


東涌の高層ビル群。


夜の時間帯に見るとこうなります。


海抜0mから、標高400mを一気に登ります。かなり高くなってきました。

座席と背もたれのあいだは、網あみになっており、外の空気が入ってくるようになっていて爽快です。


フットパスコースが整備されており、かなり長い距離を歩く事が出来るみたいです。


おや、だんだんと霧が出てきました。

なーにも見えません!

はやく着いて!

はやく!

はや…!!



到着♪


なんと、ギフトショップコーナーを通過しないと外には出れません。

防寒具が1番に登場するあたりが、やりますね。



次回は、

アジア一のパワースポット、「ハートスートラ」を含む観光ガイド、『行ってみたいな☆香港』です!

山の上に見えてきたのは

でっかい!

大仏さま!

(ぶん・写真/studio iotal label 代表・前田紗希)

◆本記事はこちら!



[Twitter]https://twitter.com/nagareruiota

前田紗希(Dr,Pf)×VJ you:流れるイオタsolo set/ AtelierO Osaka Journey.2014 旅の似合う音楽

こちらの記事は投げ銭記事です。
もし、今後の活動を応援してくださる方、この記事をおもしろいと感じて下さった物好きな方は、投げ銭をよろしく御願いいたします。

この続きをみるには

この続き:0文字

アジア最長ゴンドラに乗って「香港のパワースポット」ランタオ島へ! | ゴンピン360

旅の音楽家 studio iota label (スタジオ イオタ)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! こちらでサポートをいただけたら、レーベルの運営費用、他のnoteへの支援に使わせていただきます\(^o^)/

ありがとうございます!
23
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。