ホワイトデーにもショコラって楽しい!東京のおすすめチョコレート店をご紹介(表参道界隈編)

studio iota labelのビビリな冒険家・前田紗希です。

もうあと一ヶ月もしないうちに桜が開花するわ!と楽しみにしています。

が、

神奈川県の西湘を見渡すと、愉快な名前の『おかめ桜』という文字がお迎えしてくれました。
このネーミングは、京都にある千本釈迦堂を建てた棟梁の良妻の物語に由来しているそうです。

鮮やかなピンクの色は春先にもよく合いますね。

そして今週はホワイトデーです!

バレンタインの時期は女の子がめちゃくちゃチョコに詳しくなっていきます。(個人差あり。)
1粒に思いを込め、一生懸命チョコを探している…😍
ということは、もちろんですが、

ショコラって楽しい!

コーヒー業界の新潮流「サードウェーブ」というムーブメントがあったように、チョコレート界にも同じようなムーブメントが起きています。

Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)
カカオ豆の買い付けから・選別・焙煎・摩砕・調合・成形までのチョコレート製造工程の全てを自社工房で一貫して行うことによって、産地ごとのカカオ豆の個性を生かし、カカオ本来の魅力を存分に引き立たたせることができる方法です。

さらにその先をゆく"Farm to Bar(ファーム・トゥ・バー)"
特定地域のカカオ農園をまるごと自社で抱え、実際に現地の農家に出向いて高品質なカカオ栽培を支援・指導する活動からおこなっています。

原料がはっきり見えるもの、安心して食べられるものを求める風潮が強くなっているのかも知れませんね。

サロンドショコラは、毎年パリで開催されるチョコレートの祭典で、ここ数年は大手デパートの催事として日本でも開催されています。世界で人気のショコラティエが集まり、一度にたくさんのチョコを楽しむことができます!

バルセロナの伝説的レストラン、エルブジとは?

約50席しかないレストランに、年間に約200万件の予約希望者が殺到していた、スペインの伝説的なレストラン。そのレストランのパティシエがプロデュースをしたチョコレートが食べられるのが、カカオサンパカです。

そのように、ストーリーのあるチョコレートは、味やパッケージ以上の魅力があり、一粒でも宝石のような贈り物になるのではないでしょうか✨

1. カカオストア(代々木公園)

代々木公園/代々木八幡駅から徒歩1分。テオブロマの土屋シェフが手がけるBean to Barのセレクトショップです。

とにかく美味しいお店です!平日22時までやっているところも便利。イートインが出来るのが嬉しく、奥までカウンターがあって広いです。夜はゴハン(甘〜いチョコだけではなく、しょっぱい系)のメニューもあります。
店員さんの感じが良くオシャレなお店。小さいけれど本当に好きです。

2. ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ 本店(渋谷)

渋谷Bunkamuraと代々木八幡の間くらいの、閑静な住宅街にあるショコラティエ
土屋公二シェフは理想のカカオを求めて世界中を飛び回り、年に数ヶ国の農園を訪れるといいます。

商品の種類が多く、ボンボンショコラなどカカオストアに無いものまで豊富に揃っているお店です。ケーキの種類も倍くらいあります。
ドラジェなどのギフトものも豊富なので、贈答品にも良いと思います。
店内でイートインができ、ランチにはパニーニなどのサンドイッチ系があります。

※豆知識 関東では結婚式のお見送りにドラジェが主流ですよね。名古屋ではデンファレっていうお花が主流なんです。

3. ミニマル Minimal(渋谷)

出来立て”のチョコレートを気軽に味わう」をコンセプトにした工房併設直売所。
Bean to Bar(ビーン トゥ バー)チョコレートの専門店です。

ドアを開けた瞬間の、カカオを焙煎している香りが独特です。カカオニブの製品が珍しく、美味しいです。
世界のカカオを世界地図になぞらえた限定商品(売り切れ次第終了)が魅力的!

イートインスペースは、カウンターのみ。メニューはドリンクとアイス(バレンタイン・ホワイトデー時期以外)です。
お喋りしながらっていう雰囲気ではないかな。敢えてお茶をしに行くというよりは、チョコを買いにいって、ドリンクも味わうような感じがします。

4. グリーン・ビーン・トゥ・バー green bean to bar chocolate(中目黒)

中目黒駅から徒歩10分。カカオ豆からチョコレートになるまでの全工程を一貫して手作業で行う"bean to bar"のチョコレート専門店です。
LABOと呼ばれる店舗の奥のガラスの向こうでチョコレートを作る様子を見ることができる楽しいお店

まず店員さんが親切です!細かい説明をしてくれ、興味のあるものは惜しみなく試食させてくれて良い雰囲気。
イートインスペースは広々していて、お店も21時まで。
お値段もお手頃で、毎日通いたいくらい満足度が高いお店


5. ピエール・エルメ・パリ PIERRE HERME PARIS(青山)

青山通り沿いに位置するピエール・エルメ・パリの日本旗艦店です。
青山に誕生して以来、スイーツファンの聖地として支持を集めてきました。

まずはこの動画をご覧下さい!


大きなチョコレートの球体に温かいショコラのソースをかけると、とろ〜りとチョコレートの表面が溶ける極上のスイーツ

その名も

ショコラ エ エモーション グルマンド〜♪

青山店の2階「バー・ショコラ」で食べる事ができます。

カウンターの中で作っているのを見れるのが、ライヴ感があって興味深いです。
芸術的と言える程美しい見た目で、味も[甘い][しょっぱい][酸っぱい]など複雑に構成されています。
高級なだけあって(1800円〜)美味しいのだけど、見た目より量が多く感じられるので、お腹がいっぱいの時に行くと、満足しすぎるかも!

いかがでしたでしょうか

産地別のシングルオリジンのチョコレートはパッケージも可愛く、本当に魅力的な商品が沢山あります!でも板チョコ1枚1200円と・・・高い!!
誰かホワイトデーにくれないかな?配ってないけど。(ちなみに私はカカオ70%以上が好きです♡)

今回は東京駅から見て西側を中心とした地域のお店を回ったので、次回は東側イーストサイド✨を特集しようとおもっています。
蔵前や清澄白河にある工房はの店内でチョコレート作っている様子を見てきたところ、本当に芸術的でした!

本記事[ショコラって楽しい!東京のチョコレート店おすすめ10選(前編・渋谷界隈編)]は女3人で美味しいショコラトリーを自分たちの足で食べ歩いたレポートです。よろしければお読みくださいませ。

□■□■□■□■□■

【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ Music Film [旅に似合う音楽]

【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiot

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! こちらでサポートをいただけたら、レーベルの運営費用、他のnoteへの支援に使わせていただきます\(^o^)/

ありがとうございます!
16
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。